スポンサーリンク

WWEがパフォーマンス・センターを一般に解放するかも?

ニュース

2013年、WWEはフロリダ州オーランドにパフォーマンス・センター(PC)を開設しました。以来、この施設はWWEの育成の礎になっています。

新人や若手選手の育成、そしてメインロースターたちのトレーニングの場として機能してきたPC。肉体面だけではなく、WWEスーパースターに求められるマイクパフォーマンスや身体表現を鍛えることもでき、NXTの拠点としても有効活用されています。

もしかしたら、この施設を「別のやり方」で活用していくことになるかもしれません。PWInsiderによれば、WWEはPCを「一般のファンが見学できる、一般公開の施設」にすることを検討しているとのこと。ファンに対して「PCに行きたいか」というアンケートを取っているそうです。

PCはオーランドの「観光名所」の1つになるかもしれません。地元コミュニティへの貢献はもちろん、WWEという存在を身近に感じてもらうにはいいことかもしれませんね。

(PWInsider, SESCOOPS)

あわせて読みたい

【AEW】レスラー全員参加のミーティング。ネガティブな話題についてトニー・カーン社長は何を語ったのか?
先日放送されたDynamiteの最新回に先駆け、AEWはレスラー全員参加のミーティングを開催しました。 ここ最近のAEWに関するネガティブな話題…ブッキングに対する不満が高まっていることやトニー・カーン社長とレスラー間のコミュ...
【AEW】CMパンクの存在は、「元親友」コルト・カバナのAEWでのステータスにどのような影響を与えているのか?
コルト・カバナは半年近くAEWの番組で試合をしておらず、そのことがさまざまな憶測を招いています。 カバナは2020年にAEWへ入団し、その後はレスラーやコーチとして活躍していました。そんな彼の出番が減ってしまった理由はなんだっ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました