BAnjaku

スポンサーリンク
ニュース

【WWE】ブレイ・ワイアット解雇の背景に「パフォーマンスと体重の問題」があった?

2021年7月にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。新たな拠点としてAEWやインパクト・レスリングの名前が上がっていますが、競業回避義務期間が明ける10月29日までは他団体での活動はできません。 2021年...
ニュース

【AEW】故ブロディ・リーの妻アマンダ氏の入社が発表される

2020年12月に逝去したブロディ・リー(ルーク・ハーパー)。最後に所属した団体AEWの在籍期間は1年に満たないものでしたが、AEWにとって彼の存在は非常に大きく、あらゆる場面で彼のレガシーを最大限に活用しているほか、WWEからの大物レスラ...
ニュース

GCWがカリフォルニア州を中心とした姉妹団体「LA Fights」の設立を発表

アメリカのインディシーンでも特異な存在感を放っているGCW。面白ければなんでもOKというか、包容力の高い団体というイメージです。ハードコアなだけじゃない。 今日、GCWは姉妹団体「LA Fights」の設立を発表しました。その...
海外の反応

【海外の反応】ドリームマッチは壮絶なしばき合いに。鈴木みのる VS ブライアン・ダニエルソンを海外ファンはどう見たか?

現地10月15日に放送されたAEW Rampageは、番組放送前に1時間のYoutube無料生配信がありました。3試合とプロモで構成されたこの配信で、鈴木みのるとブライアン・ダニエルソンのシングルマッチというとんでもないカードが組まれたので...
ニュース

WWEはAEWとトニー・カーン社長のことをどう考えているのか?問題点は「金」

2019年に旗揚げしたAEWは、2020年末から2021年にかけて大きく成長しました。クリスチャンやCMパンク、ブライアン・ダニエルソンといった超大物が入団したほか、ダービー・アリンやMJFら若手選手が順調に成長し、女性部門にはブリット・ベ...
ニュース

【WWE】団体内でベテラン選手が多いことへの問題意識があると報じられる

WWEには多くの選手が在籍しています。2020年から2021年にかけて多くのレスラーが解雇されたものの、それでも規模は世界一。年齢層も様々です。 しかし、団体内には「ある年齢層」の選手が多くなっていることについての問題意識があ...
インタビュー

【AEW】リオ・ラッシュがトニー・カーン社長を語る。「団体にとって必要な存在なんだと感じたかった」

2020年4月にWWEから解雇されたリオ・ラッシュ。 インディシーンで活動したのち新日本プロレスと契約し、2021年5月にはAEWのPPV「Double or Nothing」に参戦しました。しかし、この時に肩を負傷してしまい...
ニュース

ブライアン・ダニエルソンが「新しいスターを生み出すAEWの仕事ぶり」を語る

2019年に旗揚げしたAEWには入団前から知名度が高いレスラーが多く在籍しています。クリス・ジェリコ、ジョン・モクスリー(ディーン・アンブローズ)、CMパンク、ブライアン・ダニエルソン(ダニエル・ブライアン)、マット・ハーディー……。彼らの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました