スポンサーリンク

アメリカの団体との交渉が報じられていたダガ&テッサ・ブランチャード、交渉先はAEWではないと報じられる

ニュース

先日、元インパクト・レスリングのダガとテッサ・ブランチャードがAEWと契約交渉を行っているとSESCOOPSが報じました。確かな実力を持つ2人の去就に注目が集まる中、AEWがさらにロースターを充実させる……と思いきや。

しかし、PWInsiderによれば、AEWは2人と交渉していないとのこと。少なくともクリエイティブ面では、内部でも2人の話が出ることはないそうです。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、ダガがアメリカの団体と交渉していることは間違いないようです。どこかの団体が彼との契約を勝ち取ることにはなるのでしょうが、それはAEWではないみたいですね。

2020年にインパクト世界王座を獲得したテッサは、同年6月にインパクトを退団しました。次の活動拠点については様々な噂が飛び交っていますが、素行面での問題を抱えているためか、なかなか契約の発表がありません。

(PWInsider)

あわせて読みたい

AEWがグローバル・オンラインショップを開設。アメリカ版オンラインショップとの違いは?
今日、AEWはグローバルショップの開設を発表しました。 これまで、北米大陸以外からAEWのコンテンツを楽しんでいるファンは個人輸入する形でグッズを購入していました。しかし、対応していたのは日本を含む40カ国のみ。グローバルショ...
【WWE】ダニエル・ブライアンのフルタイム契約が満了。レジェンドの今後はどうなる?
SmackDownの最新回でローマン・レインズに破れ、ブランドから追放されたダニエル・ブライアン。WWEとのフルタイム契約満了後はパートタイマーになることを公言している状態での大きな動きとなりました。 Fightful...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました