スポンサーリンク

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイのインパクト・レスリング移籍は実現するか?インパクト副社長「扉は大きく開かれている。どこに行くんだろう」

インタビュー

2024年2月に新日本プロレスとの契約を満了するウィル・オスプレイ。

残留か、それとも他団体移籍か。多くのファンが彼の去就に注目しています。WWEやAEW、インパクト・レスリングといった大手団体が彼の獲得に興味を示しており、彼にとって次の契約はキャリア最大のものになるでしょう。

2023年にオスプレイが複数回遠征し、良好な関係を築いているインパクト・レスリングの副社長スコット・ダモールは、最新のインタビューの中でオスプレイについて質問され、彼の獲得への興味を語りました。

ウィル・オスプレイは我々のショーに3回も出てくれた。一緒にいて本当に楽しい人だよ。そして、彼にとってTNAという団体がどれほど意味のあるものだったのか、その環状を公にしてくれたのは素晴らしいことだと思う。

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイが遠征したインパクト・レスリングを称賛。「最高の時間を過ごした。TNAは俺がレスラーになった理由の1つ」
積極的な海外遠征で、世界中のプロレスファンに名勝負を届けているウィル・オスプレイ。 2024年2月に新日本プロレスとの契約が満了することを公言している彼は、その後の選択肢としてWW...

彼は、自分のことを「TNAを見て育った」と言っている。TNAでAJスタイルズの試合を見て、プロレスラーになりたいと思ったようだ。

俺にとっても、それはクールなことだよ。我々は、2024年2月に契約満了を迎える男を刺激する要素の1つになっている。彼はどこに行くんだろう?誰にも分からない。

彼が、「来年の2月に何が起きても、TNAで行われていることをサポートし続ける」と言ってくれたのは、俺にとって特別なことだった。現役最高のレスラーと言われる彼の口から、そんな言葉が出るなんてね。

だから、扉は大きく開かれている。2023年の彼は本当に素晴らしかったし、これからも前進を続けるだろう。我々も、成長し、大きな波を起こすよ。

2024年1月、インパクト・レスリングは団体名をTNAに戻します。新たな旅立ちの中心にオスプレイを据えたい、という思いは本物でしょう。

(WrestleTalk)

あわせて読みたい

インパクト・レスリング副社長がCMパンクを語る。「彼を迎え入れることにオープンだ。我々は噂話では判断しない」
2023年、CMパンクはインパクト・レスリングのバックステージを2回訪問しました。 1回目は、6月にAEWの新番組Collisionで復帰する直前。彼の地元シカゴでインパクトのショ...
インパクト・レスリング副社長が新日本プロレス&AEWとのこれからの関係を語る。「お互いにとって良いもので、ファンを興奮させるものならば」
他団体とのコラボレーションに積極的な姿勢を取っているインパクト・レスリング。 近年は新日本プロレスとの関係を強化しているほか、AEWと交流していた時期もありました。他団体へ参戦した...
タイトルとURLをコピーしました