スポンサーリンク

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイがTNA愛を語る。「TNAのリングに足を踏み入れなければならない」

インタビュー

2024年2月に新日本プロレスとの契約を満了するウィル・オスプレイ。

現役最高のレスラーと称される彼の動向には大きな注目が集まっており、WWE、AEW、そして2024年1月から団体名をTNAに戻すインパクト・レスリングも彼の獲得に大きな興味があります。

現地11月16日に放送されたインパクトの番組でジョシュ・アレキサンダーと対戦した彼は、試合後にTNAへの愛や、子供の頃から続くTNAへの熱い思いを語りました。

聞いてくれ。ウィル・オスプレイの話を知っているか?14歳のウィルがテレビのチャンネルを切り替えている時、初めてプロレスの試合を目にしたんだ。クリストファー・ダニエルズ、サモア・ジョー、AJスタイルズの試合だった。

この試合こそ、俺に「プロレスラーになりたい」という思いを抱かせた。ずっとインパクト・レスリングに参戦したいと思っていたんだ。

正直、インパクト・レスリングはもう終わりだ、誰にもインパクト・レスリングを救うことはできない…と思ってた。でも、新しいオーナーが現れた。バックステージのレスラーたち、スタッフ、ロスターの全員こそが、この団体が繁盛している理由だよ。そこははっきりと言わなきゃならない。

インパクト・レスリングに来たかったわけじゃない。TNAに来たかったんだ。話を終える前に言っておこう。2024年の2月が来る前に、俺は愛するTNAのリングに足を踏み入れる必要がある。

TNA新体制は2024年1月のPPV「Hard to Kill」から始まります。そこにオスプレイの姿があることは間違いないでしょう。

(Fightful)

あわせて読みたい

飯伏幸太のAEW入団が正式発表される
2023年からAEWへ参戦していた飯伏幸太。 SNSでは「AEWと契約した」と発言していた彼ですが、AEWからの正式発表はありませんでした。Blood and Guts参戦、...
【AEW】DDT開発者ジェイク・ロバーツが嘆き。「素晴らしい技たちの価値が下がってしまった」
プロレス界では、技の価値やダメージが時代によって異なります。 カナディアン・デストロイヤーは価値が下がってしまった技の代表例で、かつては凄まじいインパクトを持つ必殺技でしたが...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました