スポンサーリンク

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイ獲得を狙うWWEとAEW……AEWの強みは「イギリス大会All Inと、 WWEにはできない約束」

ニュース

プロレス界を牽引するトップレスラー、ウィル・オスプレイ。

新日本プロレスの看板レスラーの一人として活躍する彼は、2024年2月に新日本との契約を満了します。多くの団体が彼の獲得に興味を持つ中、WWEと AEWが有力候補と見なされています。

これまでの報道では、オスプレイはアメリカ移住やWWEとの契約にも前向きである一方、入団する可能性が高いのはAEWの方だとされています。

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイの行き先は「最高のオファーを出した団体」になる?AEWが有力視も、WWEも有力候補
2024年2月に新日本プロレスとの契約を満了し、その動向に注目が集まるウィル・オスプレイ。 彼が新日本プロレスを去ることになる場合、移籍先として候補に上がっているのはWWE、AEW...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイに対しセス・ロリンズがWWE入団を誘う。「水は温まっている」
2024年2月に新日本プロレスとの契約を満了するウィル・オスプレイ。 彼は新日本からの退団を示唆しており、WWEやAEW、インパクト・レスリングといったアメリカの団体と契約するので...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイのインパクト・レスリング移籍は実現するか?インパクト副社長「扉は大きく開かれている。どこに行くんだろう」
2024年2月に新日本プロレスとの契約を満了するウィル・オスプレイ。 残留か、それとも他団体移籍か。多くのファンが彼の去就に注目しています。WWEやAEW、インパクト・レスリングと...

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、オスプレイの移籍先はAEWになると考えていることを公言しています。先日、彼はWWEよりもAEWの方が有利である理由として、以下の2点を挙げました。

AEWのトニー・カーン社長は、WWEにはないものをウィルに提供できる。

金銭面では、WWEが高い金額を提示できると思う。ただ、トニーが本当に彼を欲しいと思えば、WWEを上回るオファーを出せるかもしれないな

しかし、AEWが有利に立てる理由の一つに、彼らには(オスプレイの地元イギリスのビッグスタジアムである)ウェンブリー・スタジアムで毎年開催するAll Inがある。そしてもう一つ、AEW世界王座をめぐる自然で素晴らしいストーリーラインを作ることができるんだ。そこに至る方法は無数にある。

そして、WWEはそういったオファーをしないと思う。彼らは2024年にウェンブリーでショーを行うつもりはない。まあ、するかもしれないが、俺はしないと思う。それに、WWEが彼に世界タイトルを約束することはできないだろうな。

オスプレイは、2023年のAll Inで7万人の大観衆の前で試合をしたことに感動したことを明かしています。イギリスを代表する会場でレッスルマニア級のショーを開催できる、という点は、彼にとって大きなメリットになるかもしれません。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ロッキー・ロメロがBullet Club加入の可能性を語る。「ヒールに徹するのは好きだけどね」
新日本プロレスの人気ユニット、Bullet Club。 プロレス界で最も大きな影響力を持つユニットであるBCに所属したことのあるレスラーは多く、離脱したレスラーたちも様々な団体で活...
【AEW】ヤング・バックスのプロフィールから「副社長」の肩書きが短時間だけ外された理由は何だったのか?
先日、AEWの公式サイトをめぐってさまざまな憶測が流れる事態が起きました。 原因は、団体副社長のヤング・バックス(ニック&マット・ジャクソン)のプロフィールから、「副社長」の肩書き...
タイトルとURLをコピーしました