スポンサーリンク

【AEW】オカダ・カズチカのデビューがバックステージで大評判だったと報じられる

ニュース

新日本プロレスからAEWへ移籍し、親友ヤング・バックスのもとでヒールターンしたオカダ・カズチカ。

AEWは彼に対して素晴らしい内容のオファーを提示し、ビッグスターとの契約を実現させました。バックスはもちろん、新日本時代のライバルの1人であるケニー・オメガの存在も大きかったようです。

サプライズ登場を果たしたDynamiteではエディ・キングストンと、 AEW所属としての初試合に挑んだCollisionではPACと抗争の火種を作ったオカダ。Fightfulによれば、 AEWはオカダのデビューにとても満足しているそうです。

オカダがヒールターンするというアイデアを出したトニー・カーン社長は、 AEWが生まれる前から「オカダならアメリカのテレビ番組でヒールのスターになれる」とずっと思っていたそうで、この考えは実際にヒールターンしたオカダの働きで確固たるものになった、とのこと。

TNA遠征時代からの親友であるバックスとの相性の良さも高く評価されているそうで、これからの活躍に期待が持てそうです。WWEではなくAEWと契約した意味を見せつけてほしいですね。

(WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【AEW】ランス・アーチャーが「みんなの脅威としてAEWで戦うこと」を語る。「いつもそこにいる必要はない」
2020年に新日本プロレスからAEWへ移籍したランス・アーチャー。 移籍からしばらくの間はテレビ番組への出現やタイトル挑戦へのチャンスが与えられていた彼ですが、次第にブッキング上の...
【AEW】ランス・アーチャーがアレックス・ゼインとのタッグチーム「モンスターソース」のAEW参戦を希望。「トニー・カーン社長が望めば」
AEW所属のランス・アーチャーは、2020年の新日本プロレス退団後も積極的に新日本へ参戦しています。 かつて所属してユニット鈴木軍が2022年に解散した後、彼はWORLD TAG ...
タイトルとURLをコピーしました