スポンサーリンク

【WWE】HHHがロンドンでのレッスルマニア42開催の可能性を語る。「とにかく話し合おう」

インタビュー

WWEはイギリスでも人気が高く、プロレス界最大のお祭りであるレッスルマニアをイギリスで開催することへの期待の声もあります。

ジョン・シナはイギリスでのレッスルマニア開催に前向きな発言をしているほか、先日はロンドン市長がレッスルマニア開催を希望するコメントをしました。実際にどうなるかは分かりませんが、いつか実現するかもしれません。

WWEのクリエイティブの責任者を務めるHHHは、2026年にイギリスでレッスルマニア42を開催する可能性について、次のように語っています。

みんな、いつもレッスルマニアの開催地を知りたがるものだ。レッスルマニア41の発表はもうすぐだよ。

我々の事業のグローバルな性質について一つ言うならば、俺にとって、それは一番大きいことなんだ。俺は、我々がどこにいるか、どこに行くかを見ているのではない。ただ地球全体を見ているだけだ。そして俺は、すべての街が検討の対象だと考えているよ。

先日、ロンドン市長がレッスルマニアについて声明を出したのを見たね。俺は「話し合うべきだ」と言った。そして、他のあらゆる場所の市長やリーダーたちも、WWEを呼びたいなら我々に話しかけるべきだ。

我々はオープンにビジネスをしているし、喜んでそこに行きたい。我々のファンが最も大きな声で、最も熱狂的に、我々のすることに最も没頭してくれる場所であれば、そこに行ってパフォーマンスをするのは我々の光栄なことだ。それがRawであろうと、SmackDownであろうと、NXTであろうと、PLEであろうと、規模の大小を問わず、またはレッスルマニア自体であろうとね。

もちろん、大きなものほど実行が少し難しくなる。とにかく話し合おうじゃないか。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】コーディ・ローデス「俺がAEWに反対することは絶対にない。AEWがもたらす経済的影響は大きいんだ」
2019年にAEW設立の中心メンバーとなり、その後副社長に就任したコーディ・ローデス。 2022年にWWEへ移籍したことで、彼とAEWの縁は遠いものになってしまいましたが、現在でも...
【AEW】トニー・カーン社長がケビン・ナッシュによるAEW&ウィル・オスプレイ批判に反論。「彼の意見には同意できない」
ここ最近のAEWで起きている事件について、ケビン・ナッシュは納得していません。 ナッシュが問題視しているのは、The Elite(ヤング・バックス、オカダ・カズチカ、ジャック・ペリ...
タイトルとURLをコピーしました