スポンサーリンク

【AEW】ウィル・オスプレイ「アダム・コープランドのように、俺は50歳まで現役を続けると思う」

インタビュー

AEW移籍後のウィル・オスプレイは、団体のベテランたちから大きな刺激を受けています。

移籍直後から名勝負を生み出し続けているオスプレイ。新しい環境への適応は大変ですが、尊敬するブライアン・ダニエルソンとのドリームマッチを実現させるなど、充実した日々を過ごしています。

若い頃から体に大きなダメージが蓄積してきた彼にとって、現役生活を長く続けるのは大変なことかもしれません。以前はそのことに悲観的な発言をしたこともありましたが、今はあのレジェンドから刺激を受け、「50歳まで現役を続ける」ことを望んでいます。

最新のインタビューで、彼は自分とAEWの将来について次のように語りました。

すぐに分かったよ。AEWには違いを感じさせる要素がある。常に時代と共に進化し、昨年の自分たちを振り返って、どうすればもっと良くなるかを考えられるということだよ。

今のAEWは、間違いなくプロレス史上最強のロースターが揃っていると思う。5年目の団体で、まだ成長の痛みを乗り越えなければならないけど、成長に成長痛はつきものだからね。

10年後、15年後、20年後の僕らはどんな姿をしているんだろう?僕はそれくらいの期間、この団体の一員でいたいと思っている。まだ若いし、フレッシュだからね。アダム・コープランドのように50歳までプロレスができると確信しているよ。絶対できると思う。俺を見てくれよ、かっこいいだろ?

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】退団報道のリコシェ。今日のRAWが最後の出番になる可能性があると報じられる
今夏にWWEとの契約が満了するリコシェ。 彼はWWEとの契約を更新せずにそのまま退団し、フリーエージェントになることが予想されており、ストーリーラインからも退場すると見られています...
【WWE】ショーン・マイケルズが選手採用に重要なことを語る。「人格は才能に勝る。カリスマ性、協調性、フットワークが大事だ」
WWEには多くの才能あふれる選手たちが在籍し、まずはNXTで実力を磨いてからメインロースターとしてデビューします。 WWEが外部から選手たちを採用する時のプロセスはその時々によって...
タイトルとURLをコピーしました