スポンサーリンク

現役復帰を果たしたエッジ。WWEとの詳細な契約内容やAEWとの交渉など、復帰の背景が明らかに

ニュース

現地時間1月26日に開催されたWWEのPPV”Royal Rumble”で電撃復帰を果たしたエッジ。2011年に現役を引退したレジェンドの復帰は世界中で話題になっています。

復帰から数日が経ち、復帰に関する情報が明らかになってきました。

まず、WWEとの契約内容について。エッジとWWEの契約は3年契約だという情報は既に報じられていましたが、TalkSPORTによれば、年俸は3億円とのこと。トップ層の金額です。また、彼の年間試合数は5試合。3年間で計25回の登場機会があるそうです。

また、復帰先として考えられていたのは古巣だけではなかったとWrestleZoneは報じています。なんと、エッジはAEWとも交渉していたというのです。どの程度真剣なものだったのかは分かっていないそうですが、彼はWWEよりも先にAEWとの交渉の席を設けたとされています。

一方で、TalkSPORTは、彼はWWEからいい条件を引き出すためにAEWを利用しただけで、AEWと契約する気はなかったという情報筋からの情報も紹介しています。

(TalkSPORT, WrestleZone, Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】マット・リドルがロイヤルランブル・マッチであっという間にイリミネートされたのはバックステージ・ヒートが原因だと報じられる
現地時間1月26日に開催されたPPV"Royal Rumble"。メインイベントは男子ロイヤルランブル・マッチでした。この試合に出場したマット・リドルについて、興味深い話が出回っています。 23番目の男として登場したリドルは登...
【WWE】アンドラーデのウェルネス・ポリシー違反、並びに停職処分が正式に発表される。それでもUS王座を手放さなかったのはなぜ?
昨日、PWInsiderがアンドラーデのウェルネス・ポリシー違反をスクープしました。 今日、WWEはこの件について正式に発表を行い、彼に30日間の停職処分を下すことを明かしました。 WWE(ニューヨーク証券取引所:W...
タイトルとURLをコピーしました