スポンサーリンク

【WWE】マット・リドルがロイヤルランブル・マッチであっという間にイリミネートされたのはバックステージ・ヒートが原因だと報じられる

ニュース

現地時間1月26日に開催されたPPV”Royal Rumble”。メインイベントは男子ロイヤルランブル・マッチでした。この試合に出場したマット・リドルについて、興味深い話が出回っています。

23番目の男として登場したリドルは登場から1分足らずでキング・コービンにイリミネートされてしまいました。NXTの人気者があっという間に姿を消したのは何故か?その理由の1つとして噂されていたのは、彼とブロック・レスナーの口論です。

リドルはレスナーに対し、「ヤツを引退に追い込むのが目標」など、攻撃的な発言を繰り返してきました。これを受けてか、Royal Rumbleのバックステージで、レスナーがリドルに対して強硬手段に出たとTalkSPORTが報じています。レスナーは控室のリドルのもとへ行き、彼の肩を掴んで「俺とお前が一緒に働くことは絶対にないから、俺の名前を使うな」と警告したそうです。

一部のファンは、リドルが早々にイリミネートされたのはレスナーと口論した「罰」なのではないかと考えましたが、実際にはそうではなかったそうです。実は別の理由でこのような結果になってしまったとのこと。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、リドルはバックステージの責任者?(official)との関係が悪化しており、これが1分足らずでのイリミネートにつながったそうです。どうやらリドルはバックステージでひんしゅくを買っており、いい状態ではないようです。

リドルの口の悪さは有名で、ゴールドバーグに喧嘩を売ったり、レイシー・エヴァンスを批判するファンに同意して「Super Showdownを見たに違いない」とツイートしたりと、問題になりそうな言動が目立ちがちです。外部から見る分にはどこまでがアングル・ストーリーなのかがわからないので何とも言えませんが、口が災いのもとになっている可能性は高そうです。

WWE Stomping Groundsで戸澤陽がタイトル挑戦へ / WWEレスラーに喧嘩を売りまくるマット・リドル
ニュースをまとめて紹介。 WWE Stomping Groundsで戸澤陽がタイトル挑戦へ 205LIVEで活躍中の戸澤陽。同じ日本人のヒデオ・イタミ(KENTA)は205LIVEに適応しきれずに退団してしまいましたが、彼の場合...

(TalkSPORT, Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】ロイヤルランブル・マッチの勝者は男女ともに予定されていたレスラーではなかった?
現地時間1月26日に開催されたPPV"Royal Rumble"。目玉のロイヤルランブル・マッチの勝者は、男子がドリュー・マッキンタイア、女子がシャーロット・フレアーでした。 しかし、報道によれば、2人とは異なる人物が勝者にな...
【新日本プロレス】ジェイ・ホワイトとマーティ・スカルのシングルマッチがROH"Supercard of Honor"で実現へ
Bullet Clubの4代目リーダーと元ELITEがレッスルマニア・ウィークエンドで激突!かも! 現地時間1月27日に行われた新日本プロレスのアメリカツアー" THE NEW BEGINNING USA"ローリー大会。この日...
タイトルとURLをコピーしました