スポンサーリンク

【WWE】過去最大規模のリストラが敢行されたことによってどのような影響があるのか?

ニュース

昨日、WWEは過去に例がないほどの大リストラ(一部は一時解雇)を敢行しました。WWE殿堂入りレスラーで、引退後はプロデューサーとして働いていたカート・アングルのほか、ルセフ、カール・アンダーソン、ルーク・ギャローズなど、名の知れたレスラー、そしてWWEパフォーマンスセンターでコーチとして働いていたケンドー・カシンらが解雇されたのです。

【WWE】大リストラ。ギャローズ & アンダーソン、カート・アングル、ルセフら20名が解雇される
新型コロナウイルスのパンデミックによって経済的な打撃を受けているWWE。今日、大リストラを敢行したことを発表しました。 解雇されたレスラー・スタッフは次の通りです。 カール・アンダーソン ルーク・ギャローズ ...

この件についての情報がいくつか報じられています。最も気になるのはどの程度のコストカットになったのか、ということでしょう。

WWEによれば、このリストラ、そして来年開設予定の新本社の建設を少なくとも半年間延長するという決断により、毎月400万ドルの経費が削減されたとのこと。キャッシュフローの改善は1億4000万ドルにも及びます。

また、一時解雇の期限は2020年7月1日になっているそうです。ただし、これは状況によって日程が変化する可能性もあるとのこと。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【NXT VS AEW】視聴者数はNXTが2週連続で勝利!とはいえ僅差。抜け出すのはどっち?
2019年10月2日に始まったWWE・NXTとAEW・Dynamiteによるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。現地時間4月15日放送分の結果が出ました。 Showbuzz Dailyによれば、両番組の視聴者数は次の...
【AEW】Dynamiteへの登場が当分ないと思われるレスラーたちは誰だ?
AEW・Dynamiteの最後の収録が行われたのは2週間前のことです。この時に5月中旬までの放送内容を収録し、その後番組収録は一時休止状態にあります。 つまり、2週間前の収録に参加していないレスラーは当分の間番組に登場しないと...
タイトルとURLをコピーしました