スポンサーリンク

【NXT VS AEW】視聴者数はNXTが2週連続で勝利!とはいえ僅差。抜け出すのはどっち?

データ

2019年10月2日に始まったWWE・NXTとAEW・Dynamiteによるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。現地時間4月15日放送分の結果が出ました。

Showbuzz Dailyによれば、両番組の視聴者数は次の通り。

  • NXT: 692,000人(前週693,000)
  • Dynamite: 683,000人(前週692,000)

僅差ではありますが、今週もNXTの勝利。先週の2020年初勝利から2連勝になりました。両番組とも無観客放送を続ける中で70万台の壁をなかなか超えられませんが、137万人ものアメリカ在住の人々がテレビでプロレスを見ていたというのはホッとします。

もう1つの重要な数字である、18歳から49歳までの視聴率も見てみましょう。

  • NXT: 0.17(前週0.19)
  • Dynamite: 0.25(前週0.26)

ここでは相変わらずDynamiteが強いですね。この年代の男性からの支持を集めているDynamiteは安定した数字を残し続けています。一方、50歳以上の男女から支持されているNXTはここで好成績の残すことに苦戦しています。

【NXT VS AEW】NXTが2020年初勝利!わずか1000の差でDynamiteを上回る
2019年10月2日に始まったWWE・NXTとAEW・Dynamiteのテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。現地時間4月8日放送分のレイティングはどうなっていたでしょうか? Showbuzz Dailyによれば、両番...

あわせて読みたい

【WWE】大リストラ。ギャローズ & アンダーソン、カート・アングル、ルセフら20名が解雇される
新型コロナウイルスのパンデミックによって経済的な打撃を受けているWWE。今日、大リストラを敢行したことを発表しました。 解雇されたレスラー・スタッフは次の通りです。 カール・アンダーソン ルーク・ギャローズ ...
【AEW】Dynamiteへの登場が当分ないと思われるレスラーたちは誰だ?
AEW・Dynamiteの最後の収録が行われたのは2週間前のことです。この時に5月中旬までの放送内容を収録し、その後番組収録は一時休止状態にあります。 つまり、2週間前の収録に参加していないレスラーは当分の間番組に登場しないと...
タイトルとURLをコピーしました