スポンサーリンク

WWEが「コーディ・ローデス」の商標を放棄する

ニュース

AEWの副社長を務めるCodyは、WWE退団後にWWE時代のリングネームだった「Cody Rhodes(コーディ・ローデス)」の商標をめぐってWWEとの闘いを続けてきました。

WWE側の商標が切れた2020年初頭、彼は「Cody Rhodes」の商標を出願。しかし、商標の期限が切れているにも関わらず、WWEはこれに反発していました。

どうやら、争いは収束するようです。HeelByNature.comは、WWEがアメリカ合衆国特許商標庁に商標のキャンセル通知を提出し、「Cody Rhodes」の商標を放棄したことを確認しました。

これにより、Codyはかつてのリングネームへの影響力を持つことになりました。彼がリングアナウンサーから「コーディ・ローデス」とアナウンスされる日が来るかもしれません。

(HeelByNature)

あわせて読みたい

【AEW】PPV"Full Gear"のプレショーでNWA世界女子王座のタイトルマッチが行われることに
現地時間11月7日に開催されるAEW"Full Gear"。ケニー・オメガとハングマン・ペイジによるAEW世界王座ナンバーワンコンテンダーマッチや、ジョン・モクスリーとエディ・キングストンによるAEW世界王座のタイトルマッチが行われます。 ...
アレックス・シェリーが語る「意図的にフリーランスでいる理由」
人気レスラー、アレックス・シェリーは、2018年に一度現役を引退したものの、現在はインパクト・レスリングを中心にインディシーンで活躍しています。 復活後のシェリーは様々な団体に参戦しています。2020年1月にはNXTで...
タイトルとURLをコピーしました