スポンサーリンク

アレックス・シェリーが語る「意図的にフリーランスでいる理由」

ニュース

人気レスラー、アレックス・シェリーは、2018年に一度現役を引退したものの、現在はインパクト・レスリングを中心にインディシーンで活躍しています。

【Impact】アレックス・シェリーが花道でのパイルドライバーを受けて負傷
現地時間10月24日開催のPPV"Bound For Glory"でインパクト世界タッグ王座の防衛に失敗したモーター・シティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー & クリス・セイビン)。シェリーは試合前に負傷してしまっていたそうです...

復活後のシェリーは様々な団体に参戦しています。2020年1月にはNXTでKUSHIDAと再会し、タイム・スプリッターズを再結成。世界中のファンを喜ばせました。

シェリーは、どこかの団体と契約せず、フリーランスの立場を意図的に貫いているそうです。

俺はあえてどこの団体とも契約をしていないんだ。インパクトだろうが新日本だろうがROHだろうがNXTだろうがAEWだろうが、どこでもプロレスをできる立場でありたいと思っているからね。

(インパクトとの)契約なんてまったくしてない。俺が同意したのはあのリングに上がるということ。求められる仕事をやること。俺は名誉ある仕事をしているし、みんなが俺と喜んで仕事をしてくれる理由の一部はこれだよ。

でも、同時に、プロレスは昔とは大分変わった。どこの団体とも契約していないフリーランス・レスラーがたくさんいるよね。その1人であることを誇りに思っているよ。

またいつか日本のリングに上がってほしいですね。

アレックス・シェリーが新日本プロレスやオカダ・カズチカ、ジェイ・ホワイトとの関係について語る
突然の引退から約1年。7月21日に現役復帰したROHのアレックス・シェリーが、インタビューの中で新日本プロレスやオカダ・カズチカとの関係について語りました。 新日本プロレスについて 現役復帰したシェリーは再びROHに所属すること...

あわせて読みたい

【Impact】カイリー・レイが突然の引退宣言。「もうプロレスラーではありません」
現地時間10月24日に開催されたインパクト・レスリングのPPV"Bound For Glory"。女性レスラーのカイリー・レイはインパクト・ノックアウト王座に挑戦する予定でしたが、当日会場に姿を現しませんでした。 団体に無断の...
【WWE】2021年のRoyal Rumbleでは例年と異なる「何か」が起こる?
WWEの4大PPVの1つ"Royal Rumble"。新型コロナウイルスのパンデミックがなかなか収束しない状況で開催日を迎えるかもしれないこのイベントは、例年とは趣が少し違うことになるかもしれません。 WrestleVotes...
タイトルとURLをコピーしました