スポンサーリンク

【AEW】オーナーのシャヒド・カーンは、AEWがうまくいくとは考えていなかった?

ニュース

2019年に旗揚げしたAEWは、大富豪シャヒド・カーンがオーナーを、その息子トニーが社長を務めています。

ルネ・パケットのPodcast番組に出演したカーンは、The Eliteメンバーとトニーが団体設立の構想を練っていた2018年に、シャヒドが彼らの構想にまったく興味を示していなかったことを明かしました。

全然良いとおもってくれなかったんだ。俺はビジネスプランをまとめ、コミットする準備ができていた。しかし、父は冷淡だったね。父に「これは凄いことになるんだ」と説明した時、親子でまあひどいやり取りをしたんだよ。

AEWについて、父はとてもクールだった。私が知っている人の中で一番頭が良よくてさ、プロレスのことは何も知らなかったのに、今はプロレスについてたくさん勉強し、注目してるんだ。プロレスを見たこともなかったのに、今ではAEWにはハマってる。

父はいい人だよ。とてもサポートしてくれるし、とても愛情深い。でも、非常に厳しい一面もあるんだよね。簡単には助けてくれない。「何を成し遂げたか」とか、「どんな良い仕事をしたか」とか、そういうことを言うつもりもない。

直接はあまり聞かないけど、公衆の面前では、父はAEWについて考えていたことがかなり間違っていたと認めてくれた。大手メディアからいくつも取材を受ける中で、子どもにとって、AEWが「信用することを学ぶための良い教訓になる」と語ってくれたんだ。

WWEのメインブランドには及ばないものの、ウィークリー番組Dynamiteのレイティングは上々です。ケーブルテレビ局で水曜日に放送される全番組中のランキングでは上位に位置することもあります。若者からの支持を得ることができている、というのは、ライバル番組WWE・NXTとの大きな違いです。

カーン親子が団体をどう導いていくのか、注目です。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】サーシャ・バンクス「いとこのスヌープ・ドッグとレッスルマニアでタッグを組みたい」
現地時間1月6日に放送されたAEW・Dynamiteに登場し、フロッグ・スプラッシュを披露したラッパーのスヌープ・ドッグ。WWE所属のサーシャ・バンクスはいとこです。 スヌープは2016年にWW殿堂入りし、バンクスの入場曲"S...
アメリカでのWWE Networkコンテンツ独占配信権がNBC系動画配信サービスに移動。選手たちのリアクションは?
昨日、WWEとNBCが大規模な契約を結び、アメリカWWE Networkコンテンツの独占配信権がNBC系動画配信サービス「Peacock」に移動することになりました。これにより、WWEは巨額の利益を得ることになります。 ...
タイトルとURLをコピーしました