スポンサーリンク

【Impact】アレックス・シェリーはなぜ「Hard to Kill」を欠場したのか?その理由は「もう1つのキャリア」だった

ニュース

先日行われたインパクトのPPV「Hard to Kill」では、ケニー・オメガ & The Good Brothers(カール・アンダーソン & ドク・ギャローズ) VS リッチ・スワン & モーター・シティ・マシンガンズ(クリス・セイビン & アレックス・シェリー)の6人タッグマッチが行われる予定でした。

しかし、開催直前にシェリーは出場をキャンセル。代わりにムースが試合に出場しました。

【Impact】Hard to Killを欠場したアレックス・シェリーがコメントを発表。「コロナでも怪我でもない」
現地時間1月16日に行われたインパクト・レスリング「Hard to Kill」。メインイベントに出場する予定だったアレックス・シェリーは、「やむを得ない事情」により欠場することになりました。 インパクトが欠場を...

今日、シェリーは欠場の理由をTwitterで明かしました。

なぜ俺がHard to Killを欠場したのかについて、色んな意見を見たよ。怪我、病気、逮捕、家族に暴力をふるってしまい、それを隠すため……。たくさんあった。

俺は理学療法の臨床医として働いている。プロレスは情熱を持って取り組めるプロジェクトだが、それだけではなく、臨床医としての給料でも生計を立てていて、プロレスとは違うもう1つのキャリアを築いているんだ。務め先では怪我人や病人が増えていて、必要に応じて新型コロナウイルス関連の権限が修正される。患者数が増えるにつれ、制限も増えてきたんだ。

この制限に引っかからないようにするためには、Hard to Killを欠場しなければならなかった。もう1つのキャリアのために必要な判断だったんだ。俺は勤め先の外科医や医師たちの決断を尊重している。彼らのアドバイスやガイダンスに従っているんだ。コロナのワクチンを接種できるまでは、俺は旅行もプロレスもできない。その時が来るまで、俺はあらゆることに対して注意を払ってきた……。

しかし、この状況には二面性がある。安全対策を万全にすると、気が引ける状況になってしまう。ワクチン接種が可能になれば、今以上のセキュリティが必要になるんだ。勤め先や患者のために。正直、俺はすぐにワクチンを接種したいとは思わない……。

非常に難しい状況ですね。シェリー自身が簡単に決断できる状態ではない、ということがわかります。

無事に復帰できることを願うばかりですが、なかなかうまくいかないかもしれません……。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】里歩が復帰!志田光への挑戦権を賭けたトーナメントへの参加が発表される
現地時間1月27日に放送されたAEW・Dynamiteで、里歩の復帰が発表されました。 新型コロナウイルスのパンデミックが起きて以来、彼女はAEWへの参戦がありませんでした。その代わりにSTARDOMへ参戦していましたが、先日...
【AEW】オーナーのシャヒド・カーンは、AEWがうまくいくとは考えていなかった?
2019年に旗揚げしたAEWは、大富豪シャヒド・カーンがオーナーを、その息子トニーが社長を務めています。 ルネ・パケットのPodcast番組に出演したカーンは、The Eliteメンバーとトニーが団体設立の構想を練っていた20...
タイトルとURLをコピーしました