スポンサーリンク

【WWE】アンドラーデのリリースと「英語」。欠かせないスキルとは限らない?

ニュース

先日、アンドラーデがWWEからリリースされました。2020年以降はフラストレーションが溜まる時期が続き、最後のテレビ番組出演は2020年10月。他団体に活躍の場を求めることは決して責められません。

メキシコ出身のアンドラーデは、英語が堪能ではありません。そのことは本人も自覚しているようです。

今週月曜日、Lucha Libre OnlineはFacebookでアンドラーデのインタビューを公開しました。これをスペイン語圏のサイト「Lucha Noticias」が引用した際、「彼が『ブロック・レスナーとアスカは英語が堪能ではない』と指摘する部分があった」と紹介しました。

言い訳したいことはあるよ。俺はブロック・レスナーやアスカよりも英語を話すんだ。彼らのことは尊敬しているけど、事実だよ。2人は英語を話さないからといって冷遇・批判されることはない。

WWEで活動する選手たちにとって、英語は非常に重要なスキルです。ほとんどの観客は英語話者なので、彼らに言葉でアピールすることは成功の近道であり、団体の顔になるためには欠かせない「武器」だとされています。

しかし、アンドラーデは、次のように訂正しています。

ブロックより英語が上手いなんて言ってないよ。彼は完璧な英語を話せるけど、言葉がなくても活躍してる。アスカは素晴らしいチャンピオン、ファイターで、英語を話す必要がない。こう言ったんだ。

そもそもレスナーはアメリカ出身ですし、ポール・ヘイマンという偉大すぎるマネージャーがついていたため、他の選手と比べると本人がしゃべる必要性が低かった、ということでしょう。アスカは英語が得意ではないこと自体が魅力になるキャラクターです。

この領域まで行くことができればいいのですが、大抵はそこに到達することができません。これからも大変でしょうね…。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】NXTの放送曜日変更が正式発表。ウェンズデー・ナイト・ウォーズは約1年半で終結
WWEは、4月第3週以降のNXTの放送曜日が水曜日から火曜日に変更されることを正式に発表しました。 この件については、放送局であるUSA Networkとの間でしばらく前から計画されていたとされています。 NBC...
【ROH】マット・テイヴェンが語るAEWへの人材大量流出。「ROHの特徴であり、良さでもある」
2019年1月にAEWの旗揚げが発表されると、The EliteやSCU、ベストフレンズといったROH参戦レスラーたちがAEWに移籍しました。2019年のROHは、新日本プロレスとの合同興行「G1 SUPERCARD」で歴然とした新日本との...
タイトルとURLをコピーしました