スポンサーリンク

【WWE】ツアーがついに復活。7月のSmackDownから有観客での収録がスタート

ニュース

アメリカで新型コロナウイルスのパンデミックが深刻化した後、無観客での番組収録を続けてきたWWE。レッスルマニア37を有観客で開催することに成功した後、本格的なツアーをいつ再開できるのかに注目が集まっていました。

昨日、WWEは2021年7月からツアーを再開することを発表しました。

復活の口火を切るのはSmackDown。現地時間7月16日の放送で、有観客での生放送を行います。会場はテキサス州ヒューストンのトヨタセンターです。また、PPV「Money in the Bank」は7月18日にテキサス州フォートワースのディッキーズ・アリーナで、PPV明けのRAWは翌19日にテキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターで開催されます。

また、今後数週間のうちにその後のツアーについての情報が発表されるそうです。アメリカではコロナのワクチン接種が進んでいますし、感染者数を順調に抑え込み続けられれば、ThunderDomeでの収録は7月までで終わりそうですね。

HHHは次のようにコメントしています。

最大のスーパースターであるあなたたち、WWEユニバースが戻ってくることを歓迎するよ。おかえり。客席からの声援やリアクションを生で感じるのが待ちきれないな。

さて、1つ聞かせてもらおうか……。準備はできてるかい?

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】海野翔太とジョン・モクスリーのタッグチームがSTRONGで復活する予定だったと報じられる
2019年にジョン・モクスリーが新日本プロレスのG1 CLIMAXに参戦した時、彼はリーグ戦を共に戦うパートナーとしてヤングライオンの海野翔太を指名しました。現在、海野は海外遠征中。しかし、コロナ禍という状況もあり、活動は小規模です。 ...
【新日本プロレス】コロナ禍での活動について、特に外国人選手たちの間で不満が募っていると報じられる
先日、レジェンドレスラーのデイブ・フィンレーが、息子デビッドの新日本での活動について語りました。デビッドはコロナ禍での活動に悩んでおり、アメリカに戻る選択肢も検討しているようです。 レスリング・オブザーバーのデイブ・メ...
タイトルとURLをコピーしました