スポンサーリンク

【新日本プロレス】コロナ禍での活動について、特に外国人選手たちの間で不満が募っていると報じられる

ニュース

先日、レジェンドレスラーのデイブ・フィンレーが、息子デビッドの新日本での活動について語りました。デビッドはコロナ禍での活動に悩んでおり、アメリカに戻る選択肢も検討しているようです。

【新日本プロレス】デイブ・フィンレーが「息子デビッドの日本での活動と新型コロナウイルス」を語る
日本での新型コロナウイルスをめぐる状況は光が見えません。ワクチンの摂取もなかなか進まず、新日本プロレスでは内部でクラスターが発生したほか、ビッグイベントの中止も決まっています。 日本で活動する外国人レスラーにとっても、こうした...

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、今後について検討しているのはデビッドだけではないようです。

曰く、新日本の選手たち、特に外国人選手たちの間では、新型コロナウイルスのパンデミックが起きてからの活動に不満が募っているとのこと。入国後に自己隔離しなければならないことが大きな要因になっているようです。隔離する必要がなくなるまでは新日本に戻りたくないと考えている選手たちもいて、彼らはデビッドのように将来の選択肢をいくつか考えているとのこと。

また、情報共有にも不満があるようです。団体内でクラスターが発生し、レッスル・グランドスラムの開催が延期になった後、何人かの外国人選手たちは一旦帰国しました。しかし、5月22日から巡業が再開されることを知ったのは帰国後だったそうです。

団体としても立ちふるまいが難しい状況ですよね……。コロナの感染が収束に向かっていない状況での活動は本当に大変です。

(Wrestling Observer, WhatCulture)

あわせて読みたい

【Impact】ドン・キャリスが副社長を辞任していたことが明らかに
2017年12月にインパクト・レスリングの共同副社長に就任し、様々な形で活躍してきたドン・キャリス。新日本プロレスの英語実況席でも解説を務め、ケニー・オメガ VS クリス・ジェリコの実現に大きく貢献しました。この試合はAEW設立の大きなきっ...
【新日本プロレス】小島聡がインパクト・レスリング参戦!
長年にわたる不和を修復し、再び提携関係になった新日本プロレスとインパクト・レスリング。現在、新日本からフィンジューズ(ジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー)とエル・ファンタズモがインパクトに参戦しています。 アメリカ在住...
タイトルとURLをコピーしました