スポンサーリンク

【新日本プロレス】海野翔太とジョン・モクスリーのタッグチームがSTRONGで復活する予定だったと報じられる

ニュース

2019年にジョン・モクスリーが新日本プロレスのG1 CLIMAXに参戦した時、彼はリーグ戦を共に戦うパートナーとしてヤングライオンの海野翔太を指名しました。現在、海野は海外遠征中。しかし、コロナ禍という状況もあり、活動は小規模です。

【新日本プロレス】ジョン・モクスリーが海野翔太を語る「大スターに、日本のキングになってほしい」
AEW世界王座、そしてIWGP USヘビー級王座の二冠王者であり、海野翔太の師匠的存在であるジョン・モクスリー。 2019年の夏、モクスリーはG1 CLIMAXに参戦しました。その時、タッグパートナーに海野を抜擢し、"Shoo...

Sports Illstratedのジャスティン・バラッソによれば、2人は5月8日配信の「NJPW Strong」で再会し、再びタッグを組む予定になっていたそうです。しかし、海野の怪我により実現することはありませんでした。

この日、モクスリーはIWGP USヘビー級王座の防衛戦の相手である永田裕志との前哨戦に挑みました。永田とタッグを組んだのは、海野と同じく海外遠征中の成田蓮。もし海野が試合に出場できていれば……。結局、モクスリーはパートナーにクリス・ディッキンソンを指名しました。

海野はRevProに復帰することが発表されています。

あわせて読みたい

【新日本プロレス】コロナ禍での活動について、特に外国人選手たちの間で不満が募っていると報じられる
先日、レジェンドレスラーのデイブ・フィンレーが、息子デビッドの新日本での活動について語りました。デビッドはコロナ禍での活動に悩んでおり、アメリカに戻る選択肢も検討しているようです。 レスリング・オブザーバーのデイブ・メ...
【Impact】ドン・キャリスが副社長を辞任していたことが明らかに
2017年12月にインパクト・レスリングの共同副社長に就任し、様々な形で活躍してきたドン・キャリス。新日本プロレスの英語実況席でも解説を務め、ケニー・オメガ VS クリス・ジェリコの実現に大きく貢献しました。この試合はAEW設立の大きなきっ...
タイトルとURLをコピーしました