スポンサーリンク

【WWE】解雇されたタイラー・ブリーズがエグゼビア・ウッズとの友情を語る。ゲームで絆を深めた2人

ニュース

先日、WWEは新たに13人の選手を解雇しました。その中にはNXTで活動していたタイラー・ブリーズも含まれていました。

今日、彼はInstagramでエグゼビア・ウッズとの友情を語りました。2人は親友です。

友人に感謝を述べたい。彼のいいところはいくら言っても足りないくらいあるんだ。オースティン(ウッズの本名)は私の親友であり、人間として本当に素晴らしい人物だ。俺がWWEと契約した後、最初に合って試合をしたのが彼だった。すぐに仲良くなって、一緒に成長してきたんだ。良いことも悪いこともあったが、いつもいい方向に進んでた。

彼が費やした時間と努力は、UpUpDownDownを大成功に導いただけではなく、毎日のようにコンテンツを発信する勤勉な人たちの緊密なグループを形成した。彼のおかげで多くの人が仕事を得、仕事を続けられた。そのサポートをしているんだ。欠かせない歯車であり、光り輝く存在だよ。こんな事ができる人はそういないし、称賛されるべきだよ。彼のおかげで今がある、という人は俺以外にもたくさんいる。

誰からの承認や称賛を決して求めず、ただひたすらに努力を続け、自分の限界がどこにあるのかを見極める……そんなのはないみたいだけどね。父親であり、夫であり、そして教育心理学の博士号取得を目指している学生でもある。言い訳することなく、自分の生きたい人生を切り拓いていく…そんな生き方を体現しているんだ。オースティン、君を愛しているよ。いろんな事に感謝したい。友人でいてくれてありがとう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Matt Clement(@mmmgorgeous)がシェアした投稿

ウッズもブリーズにエールを送っています。

 始めて彼に会った時、俺たちはFCWにいたんだ。クールな選手同士だったんだけど、お互いに怪我をしてしまったことがあってね。Borderlands 2のオンライプレイを一緒にやって、お互いに気が狂わないようにしてたんだ。このゲームで遊んでいるうちに、俺たちは陰と陽の関係であるということに気づいた。もっと親しくなってわかったことは、俺はマジでカリスマ性があるけど最高のレスラーとは言えない、そして彼はそんなにカリスマ性はないけど素晴らしいレスラーだということだった。俺たちはパズルのピースのように調和し、お互いからいろんなことを学ぶようになったんだ。

俺たちの関係を良く思わない酷いコーチも何人かいたよ。「誰と付き合うかをちゃんと考えろよ」「あいつとは距離を置け」「なんであいつとタッグを組みたいんだ?キャリアの助けにはならないぞ」と言われたり、友情を切り裂くために嘘をつく人さえいたんだ。俺たちにはまったく理解できなかったね。邪魔させないことでタッグを組むチャンスをものにしたよ。彼からはリング上での上手なやり方を教わり、彼には転生のカリスマ性を引き出す手段を授けた。それ以来、俺のWWEでのすべてのキャリアにおいて、彼は文字通り何があってもそばにいてくれたんだ。

俺が悩んでいる時は、彼が「自分を信じろ」と背中を押してくれる。もし彼がいなかったら、俺の人生は一体どうなっていたんだろう?今日は最悪だ。こんなことになるなんて。でも、信じられないほどの才能を持つ友人が、やりたいことを何でもできる自由を得たことは嬉しいよ。Love you man! 俺たちはゲームで絆を深めた。また楽しくゲームをやるだろうな。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Austin Creed(@austincreedwins)がシェアした投稿

あわせて読みたい

【WWE】今回リストラされた選手たちの競業避止義務はどうなっているのか?
WWEから契約途中で退団することになった選手たちは、通常は90日間の競業避止義務が課せられることになります。期間が明けるまではライバル団体に出場することができません。 昨日、WWEは13人のレスラーを解雇しました。獣神サンダー...
【WWE】ベッキー・リンチが新契約に合意。近いうちに復帰へ
産休中のベッキー・リンチ。パフォーマンス・センターでその姿が目撃されるなど、復帰に向けた動きが水面下で進められているようです。 レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、彼女はレッスルマニア37に何らかの形で登場す...
タイトルとURLをコピーしました