スポンサーリンク

【WWE】ライオット・スクワッド誕生の理由は「ビンス・マクマホンが『スーサイド・スクワッド』の予告編を見たから」?

インタビュー

2017年から2019年までWWEで活動していた3人組女性ユニット「ライオット・スクワッド」。メンバーは、ルビー・ライオット、リヴ・モーガン、サラ・ローガンの3人でした。

2021年6月にライオットが解雇されたことで3人の活動は終了。ライオットはAEWに移籍し、「ルビー・ソーホー」のリングネームで活動を始めました。

クリス・ジェリコのPodcast番組「Talk Is Jericho」にゲスト出演したソーホーは、ライオット・スクワッド誕生の裏側を語りました。

私がNXTにいたのは2017年のほんの少しだけだった。[…]WWEはニッキー・クロスみたいな狂ったキャラクターがほしかった…っていうのがNXTでデビューした理由。で、同じ年の11月には私とリヴ、サラはメインロースターとしてデビューしたんだ。真実かどうかはわからないけど、私が聞いた話では、『スーサイド・スクワッド』を観たビンス(・マクマホン)が、ジョーカー、ハーレイ・クイン、そして野獣のいる女性ユニットを作りたがったんだってさ。

『スーサイド・スクワッド』は2016年のヒット作。2021年公開の第2作にはジョン・シナも出演しています。

この発言に対し、ジェリコは「ビンスはスーサイド・スクワッドを観てないと思うけどな。でもスパイダーマンは観てるから、DCじゃなくてマーベル・ユニバースには興味あるかもね」とコメント。さらにソーホーは、

じゃあ予告編を観たのかも?なんで私たち3人が集められたのか、ずっと不思議だったんだよね。ジョーカーは私、ハーレイ・クインはリヴ・モーガン、野獣がサラ。理にかなってるでしょ。

聞いた話では、3人での活動期間は長くならないはずだったんだって。でも、WWEは私たちが3人でいることを気に入っていて、私たち自身も楽しんだ。「長くないぞ」と思っていたから楽しもうとしたのかもしれないね。

と語りました。

(参考: Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】注目のDynamiteニューヨーク大会「Grand Slam」。トニー・カーン社長は毎年開催のイベントにすることを計画中
現地9月22日放送のDynamite、24日放送のRampageはニューヨークのアーサー・アッシュ・スタジアム(世界最大のテニス専用競技場)で収録が行われます。団体史上初となるニューヨーク進出。ともに「Grand Slam」というサブタイト...
【WWE】産休明けのベッキー・リンチはレッスルマニア37で復帰する予定だったと報じられる
2020年5月から産休に入ったベッキー・リンチ。夫セス・ロリンズとの第一子を12月に出産しました。 彼女が産休に入った後、「いつ復帰するのか」について様々な噂が流れていました。同年10月時点では、「ビンス・マクマホンは2021...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました