スポンサーリンク

【AEW】コーナートップからのムーンサルトを頭部で着地してしまったランス・アーチャーがコメントを発表。「また戻ってくる」

ニュース

現地10月23日放送のDynamiteで、本当に恐ろしい事故が起きてしまいました。

AEW世界王座への挑戦権を賭けたトーナメントの1回戦として行われたランス・アーチャーとエディ・キングストンのシングルマッチ。2人らしい荒々しい試合展開の中、コーナートップからのムーンサルトを仕掛けたアーチャーは回転不足が原因で頭部から着地してしまい、戦える状態ではなくなってしまったのです。

あえて動画やgifは貼りませんが、かなり危険な事故でした。試合続行が不可能になったアーチャーはリングサイドに降りてレフェリーやスタッフから状態を確認されたものの、レフェリーストップにはならず、力なくリングに戻ったところをキングストンがとっさの判断でピンフォールを取りに行って勝利。大怪我に繋がってもおかしくない試合となってしまいました。

放送終了後、彼はTwitterを更新し、無事をアピールしました。

聞いてくれ。これは自分の意志でやったことだし、自分の生活や健康はいつも自分次第なんだ。あのムーブはキャリアの中で何百回もやってきたわけだけど、回転が足りなかったね。もしかしたら、もっとひどいことになっていたかもしれない。AEWのみんなには素晴らしいケアをしてもらえたし、守ってもらえて、感謝してるよ。また戻ってくる!

最後の言葉からして何らかの怪我をしたであろうことは推察できますので、どうか万全の状態に戻るまでゆっくりと時間をかけてほしいです…。ちなみに、Fightfulによれば、彼は自力でバックステージに戻り、元気だったそうです。

あわせて読みたい

【AEW】ランス・アーチャーが「新日本プロレスへの復帰」「あの男のAEW参戦を」希望。「機会があれば」
2019年に新日本プロレスで大ブレイクした後、AEWに移籍したランス・アーチャー。あの年のアーチャーの活躍ぶりは記憶に新しいですね。 新日本とは別の道を歩んだマーダーホークですが、AEWと新日本が提携している今、状況次第で再び...
【新日本プロレス】オカダ・カズチカ、アメリカへ。サンノゼ大会「Battle in the Valley」に参戦
G1 CLIMAX 31優勝者にして、現役最高のレスラーの1人であるオカダ・カズチカが太平洋の向こう側へ旅立ちます。 今日、新日本プロレスは、オカダが現地11月13日にカリフォルニア・サンノゼで開催される「Battle in the ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました