スポンサーリンク

【AEW】元WWEトニー・ニースが正式にAEWと契約

ニュース

元WWEクルーザーウェイト級王座チャンピオンのトニー・ニース。2021年6月にWWEから解雇された後、現地10月23日放送のAEW・Dynamiteの客席に登場し、「プロレス界で最もホットなフリー・エージェントの一人」として紹介されました。

彼は10月27日の時点でAEWと契約していたと報じられていますが、そのことは公式には明かされていませんでした。AEWがレスラーと結ぶ契約には2段階あり、本契約であるTier 1契約の前に、特定の日程でAEWに登場するためのTier 0契約を結ぶことが可能なのです。Tier 1契約に移行したことは、AEW公式Twitterアカウントの「X is #ALLELITE」ツイートで発表されます。

今日、ニースはRampageでサミー・ゲバラの持つTNT王座に挑戦しました。番組放送を前に、AEW社長のトニー・カーンがニースとの契約を発表し、彼の入団を歓迎しています。

試合には惜しくも破れたものの、肉体美や高い身体能力、ヒールらしい試合運びを披露。今後の活躍に期待できそうです。そのうちイーサン・ペイジと合流するんじゃないかな…。

AEW入団のトニー・ニースが対戦したいレスラーを明かす。「100人の前でやっていたことを、数千人の前でやれるのが楽しみ」
2021年6月にWWEから解雇されたトニー・ニース。 WWE時代にクルーザー級王座のチャンピオンになったこともある実力者は、クリス・ヴァン・ブリエットによるインタビューの中で、噂されていたAEWとの契約を認めました。また、対戦...

それにしても、TNT王座チャンピオンとしてのゲバラは他団体からやってくる選手たちの受け皿として効果的に機能していますね。ボビー・フィッシュといい、ジェイ・リーサルといい、ニースといい……。

あわせて読みたい

【AEW】AAAがブライアン・ダニエルソンをAAAメガ王座戦にブッキングしようとしたものの、複数の理由で断念していたと報じられる
現地12月4日に開催されるAAA「TripleMania Regia」では、AAAメガ王座をかけた5-way マッチが行われます。ケニー・オメガが王座を返上したことで行われるこの試合には、エル・イホ・デル・ビキンゴ、サムライ・デル・ソル(元...
【AEW】次世代のハイフライヤー、ダンテ・マーティンが「空中殺法が増えた現代プロレスへの批判」にコメント。「自分を貫くだけ」
プロレスの流行は時代によって変容します。現代のプロレスでは大柄なレスラーが空中殺法を使うことも増え、全体的にハイフライ・ムーブの利用割合が増えています。 このことについて、一部のファンや業界人が批判的に語ることがあります。時代...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました