スポンサーリンク

WWEが1月のカナダツアーを延期。理由はコロナではなく「Royal Rumble」と「天候」にあった

ニュース

WWEは現地2022年1月21日から24日にかけてカナダツアーを開催する予定でした。しかし、先日、延期が発表されています。

21日はウィニペグからSmackDownを、24日にはエドモントンでRAWの生放送を行う予定でしたが、それぞれ9月以降に延期されました。

レスリング・オブザーバーによれば、その理由は「Royal Rumble」にあるそうです。毎年1月下旬に開催される同PPV、次回は1月29日の開催が予定されています。WWEは、ツアー中にカナダで天候が著しく悪化した場合、放送用トラックや機材が立ち往生し、Rumbleの開催に影響してしまう可能性を懸念したそうです。エドモントンからRumbleの開催地セントルイスまでは約3,000キロ。リスクを取る必要はない、と判断したのでしょう。

カナダでの開催が叶わなかったSmackDownはテキサス州ナッシュビル、RAWはオハイオ州トレドで開催されることになりました。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】AAAがブライアン・ダニエルソンをAAAメガ王座戦にブッキングしようとしたものの、複数の理由で断念していたと報じられる
現地12月4日に開催されるAAA「TripleMania Regia」では、AAAメガ王座をかけた5-way マッチが行われます。ケニー・オメガが王座を返上したことで行われるこの試合には、エル・イホ・デル・ビキンゴ、サムライ・デル・ソル(元...
【WWE】スタッフたちの中に「NXTは働いていて楽しい場所ではない」と考えるようになった人達がいると報じられる
先日、ベス・フェニックスがNXTのコメンテーター職から離れることを発表しました。WWEには残るものの、家族との時間を作りたいと考えての決断だったそうです。 ここ数ヶ月、NXTの様相は一変しました。ブランドのデザインや方...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました