スポンサーリンク

WWEを退団したタイ・デリンジャーを高評価するCody。「彼は私にプロレスを教えてくれたんだ」

2019年に入ってから、WWEからの退団を希望するスーパースターが跡を絶ちません。The Revivalのリリース要求からすべてが始まり、ヒデオ・イタミ(KENTA)、ディーン・アンブローズ、タイ・デリンジャーが自らの希望でWWEを退団することになりました。

2013年からWWEに所属していたデリンジャーは、AEWを立ち上げ、副社長に就任したCodyと友人関係にありました。Codyはデリンジャーを高く評価しており、退団を惜しむ声をツイートしました。昨日、CodyはPro Wrestling Sheetのインタビューの中でデリンジャーについて次のように言及しました。

Codyとデリンジャーが出会った頃

Codyは、デリンジャーとの出会いについて次のように語っています。

私はデリンジャーのことを愛している。彼のことが好きだ。私はOhio Valley Wrestlingという団体でデビューし、3ヶ月間出場した。その後、ダスティの息子というだけでWWEと契約したんだ。でも、当時OVWに所属していたデリンジャーはこのことについて私を決して咎めなかった。彼はOVWでの私のタッグパートナーで、私にプロレスを教えてくれた。彼は私と相性が良かったよ。

Codyにプロレスを教えたのはデリンジャーだったんですね。CodyがOVWに入団したのは2006年。当時は本名のコーディ・ラネルズをリングネームにして活動していました。デリンジャーとCodyはほぼ同時期にWWEにも出場し始めましたが、デリンジャーはすぐにインディーマットに戻り、CodyだけがWWEに移籍することになりました。デリンジャーがWWEと契約したのは2013年のことです。

タイ・デリンジャーというレスラーの価値について

「過小評価されているレスラー」として名前の上がることが多いデリンジャーについて、Codyは高く評価しているようです。また、今後のインディー界での活動についての協力を約束しました。

私は彼への協力を惜しまない。WWEを去り、様々なインディー団体で活動するようになってから得た知識を彼に授けたいよ。彼をAEWに誘いたい、ということではない。世界にはいろんな団体がある。新日本プロレス、ROH、MLW、EVOLVE、PROGRESS。どれも素晴らしい団体だ。デリンジャーがどの団体を選ぶにしても、所属先になった団体は多くの恩恵を得ることになると思う。

この発言は、まだデリンジャーとの契約交渉を行っていないということを表明するポーズではないかと思われます。タンパリングになってしまいますからね。ただ、ロースターの充実を狙っているAEWにとって、経験豊富なデリンジャーはどうしても欲しい人材でしょうから、獲得を狙いそうな雰囲気はありますね。デリンジャーの決断に注目したいと思います。

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

50歳で初めてハローワークに行った僕がニューヨーク証券取引所に上場する企業でゲストコーチを務めるまで | ケンドー・カシン |本 | 通販 | Amazon
Amazonでケンドー・カシンの50歳で初めてハローワークに行った僕がニューヨーク証券取引所に上場する企業でゲストコーチを務めるまで。アマゾンならポイント還元本が多数。ケンドー・カシン作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また50歳で初めてハローワークに行った僕がニューヨーク証券取引所に上場する企業でゲストコー...
さよならムーンサルトプレス 武藤敬司35年の全記録 | 福留崇広 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで福留崇広のさよならムーンサルトプレス 武藤敬司35年の全記録。アマゾンならポイント還元本が多数。福留崇広作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またさよならムーンサルトプレス 武藤敬司35年の全記録もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
タイトルとURLをコピーしました