スポンサーリンク

ジョナサン・グレシャムがAEWと契約。引き続きROHで活動していくと報じられる

ニュース

ROH世界王座のチャンピオンとして活躍中のジョナサン・グレシャム。

現地4月16日に放送されるAEW「Battle of the Belts II」で、彼はダルトン・キャッスルを相手にタイトルの防衛戦を行います。

AEW社長トニー・カーンがROHを買収した後、グレシャムとトニーは契約に向けて交渉を続けていると報じられてきました。Fightfulによれば、先日、両者は正式に契約に合意したそうです。契約先はAEWとのことですが、グレシャムは今後もROHの一員として活動していくことになります。

現地4月23日にインパクト・レスリングが開催するPPV「Rebellion」ではエディ・エドワーズとのシングルマッチに挑むグレシャム。基本的に、AEWとの契約はアメリカ国内での活動をAEWに限定することを意味しますが、ジョン・モクスリーのような例外もいます。彼の場合も柔軟に活動していける契約が盛り込まれているのかもしれません。

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

トニー・ストームがWWE退団の裏側を語る。「向いていないと悟る瞬間があった」
2021年12月にWWEを退団したトニー・ストーム。 自ら退団を申し出た彼女は燃え尽き症候群を患っていたとされ、彼女自身もこの時期に引退を考えていたことを明かしています。 WWEでの彼女に一体何があったの...
【AEW】サモア・ジョーを襲撃した元NBA選手サトナム・シンのデビューに賛否両論。トニー・カーン社長「もっと良いやり方が…」
先日放送されたDynamiteでの、鈴木みのるとサモア・ジョーによるROH世界TV王座のタイトルマッチは名勝負になりました。 体格差もあり、みのるが技を繰り出すのに苦労するシーンもありましたが、ジョーの身体が真っ赤になるほどの...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました