スポンサーリンク

AEWと5年の契約延長に合意したジョン・モクスリーは古巣WWE復帰に興味なし?

ニュース

AEWとの5年の契約延長に合意し、コーチやメンターとしても働き始めたとされているジョン・モクスリー。

2019年にAEWへ移籍した彼のキャリアは順風満帆ではなく、アルコール依存の治療プログラムに入ったり、怪我で離脱する時期があったりと、前途多難でした。

しかし、新日本プロレスなどの他団体への参戦が許可され,団体も彼のことを非常に高く評価されています。CMパンク騒動の後でAEW世界王座を任されたことは、彼の信頼の高さを物語っています。

それにしても、彼はなぜ5年もの長期契約に合意したのでしょうか?契約期間の長さは安定につながりますが、いくつかの選択肢を排除することにもなります。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、長期契約が意味するのは「彼が古巣WWEに復帰するつもりがない、ということではないか」と指摘しています。復帰についての憶測が流れることすら嫌がっているようで、5年間AEWに留まることを宣言することで憶測を封じる意図があるのかもしれません。

AEWとの新契約、王座陥落…ジョン・モクスリーはしばらくGCWから離脱すると報じられる
先日、AEWはジョン・モクスリーとの5年の契約延長を発表しました。 彼はこれからもAEWと提携している外国の団体(新日本プロレスなど)に参戦できるという条件を勝ち取りましたが、アメリカのインディ団体への参戦が可能な契約...

The AEW World Champion Jon Moxley and Hangman Page Face-off | AEW Dynamite: Anniversary, 10/5/22

(WrestlingNews.co, Wrestling Observer)

あわせて読みたい

ついにWWE復帰のブレイ・ワイアット。バックステージではどのように受け止められたのか?
PPV「Extreme Rules」でついに復帰したブレイ・ワイアット。 2021年にWWEから解雇された彼は、当時の最高責任者だったビンス・マクマホンとの間に愛憎入り混ざった感情があり、ビンスが現場にいる限り復帰は絶...
AEWの主要レスラーたちはアンドラーデの言動に不満を持っていると報じられる
サミー・ゲバラとバックステージで喧嘩して帰宅を命じられ、Rampageの収録に参加できなかったアンドラーデ。 彼はDark Order"10"とのシングルマッチが予定されており、もし彼が試合に敗れれば団体から追放されることにな...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました