スポンサーリンク

AEWの主要レスラーたちはアンドラーデの言動に不満を持っていると報じられる

ニュース

サミー・ゲバラとバックステージで喧嘩して帰宅を命じられ、Rampageの収録に参加できなかったアンドラーデ。

彼はDark Order”10″とのシングルマッチが予定されており、もし彼が試合に敗れれば団体から追放されることになっていました。彼がAEWでの活動に不満を持っていることはファンもよく知っていることで、AEWと彼自身がこのことを広告に有効活用したいという意思を持っていたとされています。

彼は解雇されたいと考えているようですが、トニー・カーン社長は契約途中でレスラーを解雇しない方針を取っており、リリースを要求したマラカイ・ブラックも退団を認められませんでした。

【AEW】中止になったアンドラーデ追放マッチ。そもそもなぜブッキングされたのか?
Rampageの最新回で行われるはずだったアンドラーデ追放マッチ。 Dark Order"10"との試合に彼が敗れれば団体から追放される。この試合に向けてTwitterでレスラーたちが様々な意見を発信し、トニー・カーン社長自身...

レスリング・オブザーバーによれば、AEWの主要レスラーたちはアンドラーデの言動とそのタイミングに不満を持っているそうです。AEWのバックステージでは揉め事が多く、ゲバラとエディ・キングストンの喧嘩や、CMパンクと副社長たち(ヤング・バックス & ケニー・オメガ)の大喧嘩が話題になったばかりです。アンドラーデが騒動を起こしたことで悪評が広まることは、すべての団体関係者にとってネガティブなことでしょう。

他のレスラーたちの不満は、「こうした騒動が起きると団体にどういう影響が及ぶのか、世間からどう見られるようになるのかをアンドラーデ自身も理解していたはずだ」という考えに基づいているようです。ゲバラとのTwitterでの口論はゲバラにも責任があるものの、「絶対に喧嘩をしないように。喧嘩をしても解雇されることはない」と団体から言いつけられていたにもかかわらずゲバラへ喧嘩をふっかけたのはアンドラーデです。プロフェッショナルとは言い難い行動でしょう。

Pac v Andrade El Idolo 2: You Won't Believe How This One Ends! | AEW Rampage, 10/22/21

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

CMパンクがROHの買収に興味を持っていたことが明らかに。元ROH社長の元にメッセージが届いた
21世紀のプロレス界を代表するスターであるCMパンク。 彼は2000年代にROHでの活動を通してファンからの熱烈な支持を集めるようになり、WWEではさらなる飛躍を遂げました。彼はファンから狂信的に崇拝されるカルトスターとなり、...
【AEW】ジョン・モクスリーが5年の契約延長に合意。「団体とファンのスピリットが大好き」
2019年に旗揚げしたAEWは、設立に深く関与したThe Eliteのメンバーたち(コーディ・ローデス、ヤング・バックス、ケニー・オメガ)がいきなり団体の中心として大活躍するのではなく、元WWEのビッグスターだったクリス・ジェリコを中心とし...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました