スポンサーリンク

【AEW】サンダー・ロサと親しいインディレスラーたちが団体からブッキングされなくなってしまったと報じられる。しかし、現場からは反論も

ニュース

プロレス団体で活躍するのは所属レスラーたちだけではありません。

さまざまな立場の人間が関与し、コンテンツを生産し続けています。中には、レスラーと親しい人物たちがエキストラとして働くことも。インディレスラーだったり一般人だったりと、バックグラウンドは多様です。

AEWのエキストラのブッキングに奇妙な変化が起きているようです。レスリング・オブザーバーによれば、団体はAEW女子世界王座チャンピオンのサンダー・ロサと親しいインディレスラーたち(カイリン・キングなど)をブッキングしなくなってしまったとのこと。

その理由は定かではありませんが、彼女にはバックステージでうまくいっていないという疑惑があり、それが影響しているのかもしれません。

ただし、AEW Dark系番組のブッキングを担当しているキャプテン・ショーン・ディーンは、この暴動が誤りであると主張。全員が復帰予定であること、不在は計画されたものであることを公言しました。

ロサは負傷欠場中なので、復帰のタイミングで友人たちも戻ってくる、ということなのでしょうか?

Thunder Rosa is the New AEW Women's Champion | St. Patrick's Day Slam, 3/16/22

(WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ロッキー・ロメロが振り返る「外道がケニー・オメガをトップスターにしようと決断した時」
2016年の新日本プロレスは、年初から激動の一年となりました。 レッスルキングダムの終了後、中邑真輔、AJスタイルズ、カール・アンダーソン、ドク・ギャローズが退団。他のBullet Clubメンバーたちも一時は退団を考えていた...
【AEW】WWEはクリス・ジェリコが2023年に復帰することを期待していたと報じられる
先日、クリス・ジェリコはAEWと新たに3年契約を結びました。彼はさまざまな立場で団体に貢献していくことになります。 契約は2025年12月まで。現在51歳ですから、50代中盤までAEWの一員です。このニュースは世界中の...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました