スポンサーリンク

【AEW】「#ALLELITE」ツイートが投稿されなかったにも関わらず、フルタイム契約を得たレスラーが複数人存在する?

ニュース

AEWでは、フルタイム契約を結んだレスラーたちの「#ALLELITE」ツイートが投稿されます。

先日は、元ROHの女性レスラー、ウィロー・ナイチンゲールがAEWとの契約に合意し、トニー・カーン社長が#ALLELITEツイートを投稿しました。

彼女は団体の慣習に沿う形で契約が発表されましたが、その一方で、#ALLELITEツイートが投稿されなかったものの、団体とフルタイム契約を結んだレスラーが存在することも指摘されています。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、そうした状況にあるレスラーは何人かいるようで、プロデューサー兼任選手として働いているアリーヤ・デバリもその1人なのだとか。

2021年にWWEから解雇された彼は、AEWに参戦しつつWWEの見習いプロデューサーとして働いていました。結局はWWEで職を得ることはできなかったものの、AEWとのフルタイム契約、そしてプロデューサーとしての仕事を得ることに成功。彼のケースで#ALLELITEツイートが投稿されなかった理由は不明です。とはいえ、望むキャリアを積み重ねることはできているので、彼は現状に満足しているでしょう。

Jack Gallagher vs. Ariya Daivari – "I Forfeit" Match: WWE 205 Live, Jan. 17, 2017

(Wrestling Inc, Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】ビリー・ガンがD-ジェネレーションXの帰還に合流できなかったのは、AEWトニー・カーン社長による「ある要望」によるものだった?
先日、WWE殿堂入りチームのD-ジェネレーションXが結成25周年を迎えました。 RAWでは彼らが久しぶりに登場し、ファンを盛り上げました。しかし、AEW所属のビリー・ガンの登場は叶わず。HHH、ショーン・マイケルズ、ロード・ド...
AEWとCMパンクが契約バイアウトに向けて話し合い。成立すれば退団へ
PPV「ALL OUT」終了後に副社長たち(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)と大喧嘩を演じたCMパンク。 彼はショーのメインイベントとなったジョン・モクスリー戦で負傷し、長期欠場せざるを得なくなっています。ケンカによる出場停...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました