スポンサーリンク

【AEW】WWEはクリス・ジェリコが2023年に復帰することを期待していたと報じられる

ニュース

先日、クリス・ジェリコはAEWと新たに3年契約を結びました。彼はさまざまな立場で団体に貢献していくことになります。

AEWがクリス・ジェリコとの新契約に合意。契約期間は2025年末まで
先日はジョン・モクスリーとの契約延長を発表したAEWが、新たに大物との契約をまとめました。 今日、AEWは重鎮クリス・ジェリコとの新契約に合意したと発表しました。契約期間は2025年12月まで。プロデューサーやクリエイティブ・...

契約は2025年12月まで。現在51歳ですから、50代中盤までAEWの一員です。このニュースは世界中のファンを喜ばせましたが、すべてがポジティブな反応ではなかったようです。

レスリング・オブザーバーによれば、WWEは、ジェリコとAEWの最初の契約が切れる2023年に彼が復帰することを期待していたそうです。そのままキャリア最後の日々を過ごし、最終的にはWWE殿堂入りすることまで考えられていたとのこと。

報道によれば、ジェリコの新しい契約は、彼にとってキャリア最大に契約になったとされています。少なくとも、現役バリバリの立場では最後の契約となるでしょう。

彼が将来的にWWEへ復帰するかどうかはともかく、糖分は彼がWWEに戻ることはありません。

FOZZY – Judas (OFFICIAL VIDEO)

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガにかみついて解雇のエース・スティール。解雇されたことに驚いていると報じられる
PPV「ALL OUT」終了後に起きたCMパンクとAEW副社長たち(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)の大喧嘩の中で、パンク側として暴れ回ったエース・スティール。 バックスに椅子を投げつけ、ケニーにガチで噛み付いたとされている...
【新日本プロレス】ジュース・ロビンソンが古巣WWE復帰の可能性にコメント。「ハハハ」
2015年までWWEで「CJパーカー」として活動していたジュース・ロビンソン。 彼は新日本プロレスでレスラーとしての価値を高め、現在はAEWも彼の起用に強い興味を持っているとされています。さまざまな団体を股にかけて活躍していく...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました