スポンサーリンク

【AEW】ケニー・オメガら副社長不在によるリーダーシップの欠如はジョン・モクスリーやブライアン・ダニエルソンがしっかり埋めている

ニュース

新日本プロレスやROHで活動していたコーディ・ローデス、ヤング・バックス、そしてケニー・オメガが中心となって設立されたAEW。

彼らは副社長に就任し、レスラーとして、そしてオフィスの一員としてリーダーシップを発揮してきました。しかし、コーディは2022年2月に退団して古巣WWEへ復帰。バックスとケニーはCMパンクとの大喧嘩で出場停止処分を受け、現場復帰のスケジュールは未定です。

リーダーシップの欠如はロースターの士気に影響します。AEWのバックステージには問題が山積されていますが、その一方でロッカールームの雰囲気は良いようです。

PW Torchによれば、副社長達の不在によるリーダーシップの欠如は、ジョン・モクスリーやクリス・ジェリコ、そしてブライアン・ダニエルソンがしっかりと埋めているのだそうです。完璧なリーダーなど存在しませんが、彼らは集団で船の舵取りができている、とのこと。

3人は、CMパンク騒動により混乱した現場を治めるために開かれた全員参加ミーティングで積極的に発言し、現場の士気を上げることに成功したという実績を持っています。

インディシーンだけでなく、WWEでビッグスターとして大活躍していた時期があるからこそ、どんな状況にも対応できるリーダーシップを発揮できるのでしょう。

What Was Bryan Danielson's Game-Changing Proposition for Jon Moxley? | AEW Dynamite, 2/2/22

(WrestlePurists, PW Torch)

あわせて読みたい

【AEW】退団濃厚のCMパンク。古巣WWEは彼の獲得に興味を示すのか?
契約バイアウトについてAEWと話し合いをしているとされているCMパンク。 ヤング・バックスやケニー・オメガとフィジカルな喧嘩をしたことで、彼のAEW復帰は絶望視されています。一緒に喧嘩し、ケニーにガチで噛み付いた元プロデューサ...
【AEW】サンダー・ロサと親しいインディレスラーたちが団体からブッキングされなくなってしまったと報じられる。しかし、現場からは反論も
プロレス団体で活躍するのは所属レスラーたちだけではありません。 さまざまな立場の人間が関与し、コンテンツを生産し続けています。中には、レスラーと親しい人物たちがエキストラとして働くことも。インディレスラーだったり一般人だったり...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました