スポンサーリンク

ブライアン・ダニエルソンが今後のキャリアを語る。「今の契約が終わったら、フルタイムは終わり」

インタビュー

21世紀のプロレス界を代表するトップレスラーのブライアン・ダニエルソン。

インディシーンで数々の伝説を残し、WWEでも一大ムーブメントを巻き起こし、AEWでもしっかりと活躍している。彼のキャリアは殿堂入りにふさわしく、今後も活躍を見続けたいと思わせてくれる魅力を持っています。

しかし、彼自身は以前からフルタイムレスラーとして活動し続けるつもりはないと明言しており、2021年にWWEを退団する前からキャリアの終わりについて度々語っていました。

Podcast番組「One Fall」に出演したブライアンは、今後のキャリアについて次のように語りました。

ずっとフルタイムのレスラーでいるつもりはないよ。今のAEWとの契約が終わったら、フルタイマーとしての活動はほぼ終わりだ。テリー・ファンクやジェリー・ローラーのように、楽しむためにやっていて、常に活動しているわけではない…というやり方が好きなんだよ。自分が楽しめている限り、やっている時に喜びを感じられる限り、残りの人生もプロレスをしていきたい。

Daniel Bryan wins the WWE World Heavyweight Championship: WrestleMania 30

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ウィル・オスプレイ VS ケニー・オメガ実現の立役者はロッキー・ロメロ
2023年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム興行「レッスルキングダム17」でウィル・オスプレイとケニー・オメガのドリームマッチが実現します。 2人の間には長年に渡るストーリーがありますが、それを抜きにしてもプロレス界最大のマ...
【AEW】トニー・カーン社長がアンドラーデ&ミロの出番減少に言及。「人気者を長期間外す必要もある」
AEWには多くのレスラーが在籍しており、コンスタントに出番を得るのは大変なことです。 たとえ、AEW入団前に実績を残しているレスラーであっても、満足のいく出番を得られるかどうかは分かりません。2022年は何人かのレスラーの出番...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました