スポンサーリンク

【WWE】ケビン・オーエンズ「今の契約が満了した後、WWEと再契約しない理由はないよ」

インタビュー

2021年12月にWWEとの3年契約に合意したケビン・オーエンズ。

WWEを代表するスターの1人である彼は、引退から久々に復帰したストーン・コールド・スティーブ・オースチンとのレッスルマニア38でのメインイベントをはじめ、WWEにとって忘れられないような仕事をいくつも残してきました。どんな役割でも柔軟にこなすことのできる、実に仕事のできる男です。

そんな彼は、出演したPodcast番組の中で、「現在のWWEとの契約が満了した後でどうするか」という件について、次のように語っています。

WWEでのキャリアを振り返ると、やらせてもらったこと、経験したこと、一緒に働いてくれた人たちには畏敬の念を抱いてしまうよ。

今の契約はあと2年残っているけど、満了した後で再契約しない理由はないと思う。まだやり残したことがあるように思うしね。ただ、何が起こるかは誰にもわからない。そうだろ?

キャリアもこの段階に差し掛かると、とにかく楽しみたいという気持ちが強くてね。見ている人たちの記憶に残ることをたくさんしていきたいよ。

でも、これまでのキャリアを振り返れば、もし明日すべてが終わってしまうとしても、後悔することはないだろう。本当に信じられないようなことをやってきたからね。とてもラッキーだった。

2021年に彼とWWEの前の契約が満了することが報じられた時は、ファンから「 AEWに移籍するのでは」という意見も聞こえてきました。しかし、現在の契約は AEWで得られるよりも高額な報酬が得られると見られています。

結局はビジネスですから、WWEを愛している彼が団体から去ることはないかもしれません。

FULL MATCH – "Stone Cold" Steve Austin vs. Kevin Owens: WrestleMania 38

Wrestling Observer

あわせて読みたい

【ROH】トニー・カーンが新日本プロレスとROHの提携の本格的な再開を狙う
新型コロナウイルスのパンデミックが起きた2020年以降、新日本プロレスとROHは大掛かりなコラボレーションをしていません。 2014年から提携関係になった両団体は、日米で定期的にコラボ興行を開催。2019年にはマディソン・スク...
【AEW】アダム・コールの深刻な脳震盪は回復に向かっているが…
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」での試合中に脳震盪を起こし、長期離脱中のアダム・コール。 脳震盪はかなり深刻なものとされ、一時は「復帰できるかどうかわからない」という報道もありました。 2...

 

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました