スポンサーリンク

【WWE】ウィリアム・リーガル卿の復帰後の役職が明らかに

ニュース

2022年末でAEWを退団し、古巣WWEへ復帰したウィリアム・リーガル卿。

2022年3月に入団したAEWでは、ユニットBlackpool Combat Clubの設立に大きく関与し、ジョン・モクスリーやブライアン・ダニエルソンらと共に活動していました。

しかし、WWEに所属する息子チャーリー・デンプシーと一緒に働きたいという思いから、2022年1月に彼を解雇したビンス・マクマホンが引退し、HHHが現場を率いるようになったWWEへの復帰を決断した、という背景があります。

PWInsiderによれば、復帰後の彼の役職はグローバル・タレント・ディベロップメント部門担当のバイスプレジデントとのこと。退団前はタレント・ディベロップメント部門のディレクターとグローバル・リクルーティング部門の責任者でした。

今後、ビンスがWWEへ復帰した影響を受ける可能性はゼロではありませんが、ひとまずWWEでの仕事を再開しているようです。AEWとの約束で、2023年内はテレビ番組に出演できないそうなので、その姿を見ることができるのは当分先になるかもしれません。

William Regal announces a massive NXT Title match for next week: WWE NXT, Aug. 26, 2020

PWInsider

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ヤング・バックスがレッスルキングダム17出場のオファーを受けていたことを明かす。「素晴らしいオファー。いつかまた」
2023年の新日本プロレス「レッスルキングダム17」は、ファンにとって満足度の非常に高いショーになりました。 ダブルメインイベントのオカダ・カズチカVSジェイ・ホワイト、ウィル・オスプレイVSケニー・オメガが名勝負になったのは...
【WWE】ブレイ・ワイアットが「ビンス・マクマホンの復帰により、彼の立場が危うくなるのでは」というファンのツイートを「いいね!」
WWEにビンス・マクマホンが復帰したことにより、団体の行末は不確定要素が非常に多くなっています。 彼は団体売却の可能性を検討するために復帰し、昨日は「サウジアラビア政府系ファンドPIFが買収した」という噂がSNS上を駆け巡りま...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました