スポンサーリンク

ブリスコ・ブラザーズがROHとの契約を更新

ニュース

ヤング・バックスがROHを去った今、ROHのタッグ戦線の中心チームはブリスコ・ブラザーズでしょう。彼らは新日本プロレスのゲリラズ・オブ・デスティニーと団体をまたいだ抗争を繰り広げており、ROH世界タッグ王座の奪還に燃えていました。

PWInsiderによれば、2人は3ヶ月前にROHとの契約を更新していたようです。内容や新たな契約期間は明らかになっていません。

これからもROHの顔としての活動を続けていく2人は、現地時間20日に開催されたPPV”Manhattan Mayhem”でゲリラズ・オブ・デスティニーからROH世界王座を奪還しました。現地時間21日、ザ・バウンサーズとの防衛戦を行う2人ですが、今後もGODとの抗争が続くようであれば、下半期にも新日本のリングに再び上がるかもしれません。

(PWInsider)

あわせて読みたい

獣神サンダー・ライガー、最後のアレナ・メヒコ参上。大歓迎ムードの中でラストマッチを行う
新日本プロレスはG1の真っ只中。連日年間ベストバウト級の名勝負が生まれ、今年もかなり盛り上がっています。そんな中、2020年1月に引退する獣神サンダー・ライガーは海外遠征の真っ最中。 7月19日、ライガーはCMLLに参戦しまし...
ローマン・レインズは「完全復活」したわけではない / 両足欠損のレフェリーがインパクト・レスリングでデビュー
ニュースをまとめて紹介。 ローマン・レインズは「完全復活」したわけではない 2018年10月、世界中のプロレスファンに衝撃が走りました。WWEの大スター、ローマン・レインズが、22歳ごろに患っていた白血病が再発したことを告白した...
プロデューサーのブリー・レイによるファン脅迫事件について、ROHが声明を発表
6月、ROHの興行で事件が起きました。プロデューサーを務めるブリー・レイ(ババ・レイ・ダッドリー)がファンを脅迫したのです。 一体何が起きたのか? 新日本プロレスとの合同興行"G1 SUPERCARD"で行われたWOH世...
タイトルとURLをコピーしました