スポンサーリンク

ローマン・レインズは「完全復活」したわけではない / 両足欠損のレフェリーがインパクト・レスリングでデビュー

ニュース

ニュースをまとめて紹介。

ローマン・レインズは「完全復活」したわけではない

2018年10月、世界中のプロレスファンに衝撃が走りました。WWEの大スター、ローマン・レインズが、22歳ごろに患っていた白血病が再発したことを告白したのです。

あまりにもプッシュのされ方が酷いことから、会場のファンからブーイングを受けることも多かったレインズ。しかし、この一件を機にブーイングは(一応)一掃され、2019年のレッスルマニア35での復帰試合は大いに盛り上がりました。

しかし、彼は「完全復活」を果たしたわけではありません。Tom Colohueによれば、レインズは以前のようにフルタイムの契約を結んでいるわけではないとのこと。彼に負担をかけすぎないような形での出場が続いているようです。

自身のコンディションについて「かなり良い」とは言っているものの、以前のような形での活躍は期待できないかもしれません。

両足欠損のレフェリーがインパクト・レスリングでデビュー

2019年4月、ダスティン・トーマスという両足のないレスラーが話題を集めました。ジョーイ・ジャネラのプロデュース興行に出場したトーマスは、両足がないにもかかわらず機敏な動きを見せた上に619まで決めるという大活躍ぶり。無名のレスラーは一気に世界中に名前が知られるようになったのです。AEWの旗揚げ興行”Double or Nothing”にも出場したほどです。

プロレスの歴史上、両足のないレスラーは複数人確認されています。そのうちの1人がインパクト・レスリングでレフェリーとしてデビューすることになりました。キャメロン・アダムソンという男です。彼はCan-Am Wrestling Schoolというプロレススクールで訓練を積んでいた経験があります。

彼はカナダの公共放送局CBCからの取材を受けたことがあり、CBCは彼のトレーニング動画を公開しています。

両足欠損のレフェリーがこれまでに存在したかどうかはわかりません。しかし、かなりのチャレンジであることは間違いないでしょう。

(参考: PWMANIA)

あわせて読みたい

クリス・ジェリコ「AEWにCMパンクは必要ない」
2018年9月、AEWの前身となった伝説の興行"ALL IN"が開催されました。ヤング・バックスとCodyによる自主興行の目玉の一つとして噂されていたのは、2014年にプロレスラーを引退し、UFCファイターに転向していたCMパンクの復帰です...
フィン・ベイラーにリブート計画が浮上 / テッサ・ブランチャードのプッシュ計画
ニュースをまとめて紹介。 フィン・ベイラーにリブート計画が浮上 現在休暇中のフィン・ベイラー。中邑真輔やブレイ・ワイアットとの抗争ストーリーを育むことなくステージから姿を消したことで、様々な憶測が流れています。 その中の1...
ジュース・ロビンソンがジュース・ロビンソンが「不満なレスラーたち」に「脱地獄」を呼びかけ。ROHとの関係にも言及
新日本プロレスのジュース・ロビンソン。日本時間7月7日朝7時に開催されるG1開幕戦inダラスの記者会見に出席したジュースは、様々な質問を受けました。その中で、「不満を持っているレスラーたち」について、そしてROHとの関係についてコメントを求...
タイトルとURLをコピーしました