スポンサーリンク

【AEW】マラカイ・ブラックがバディ・マシューズ(バディ・マーフィー)への過小評価を嘆く。「能力は最高。俺たちのプロレス哲学はよく似ているんだ」

インタビュー

AEWの人気ユニット、House of Blackには優れたレスラーが揃っています。

マラカイ・ブラック、ブロディ・キング、そしてバディ・マシューズ。それぞれがシングルタイトルを狙えるほどの実力者で、現在はAEW世界トリオ王座のチャンピオンチームとして活躍しています。

彼らの実力は誰もが認めるところですが、実力に見合ったブッキングを受けているかどうか、と言われると、かなり微妙なところです。2022年にHHHがWWEのクリエイティブの責任者に就任した後、NXT時代にHHHのもとで大活躍したブラックはAEWからの退団・WWEへの復帰を希望している…とも報じられました。

ブラックは、メンバーのマシューズが過小評価されていると感じているようです。ボビー・フィッシュのPodcast番組に出演した彼は、マシューズについて次のように語りました。

バディがどれほど優れているか、という話だよ。みんなちゃんと評価してないね。バディは常に、対戦相手を良く見せる男として見られてきた。でも、タンゴを踊るには2人必要だということを、俺たちは知ってる。あの体型で素晴らしいボディコントロールの持ち主だし、彼は全てを素晴らしく見せることができるんだ。

純粋な能力や運動神経という観点では、彼は現代プロレス界のトップ層の1人だよ。俺たちが同じグループにいるからとか、親友同士だからこう言ってるわけじゃない。ただ、一緒にリングに上がるプロレスラー同士という立場で評価してるんだ。

俺たちは、プロレスについての哲学がとてもよく似てるんだよ。頭をぶつけ合うこともあるけど、セルやサイコロジー、何をどのように実行するかという点で、俺たちの考えはかなり近い。お互いのことをよく理解しているよ。みんな、彼の素晴らしさを理解する必要があると思う。絶対に。彼は本当にユニークな存在なんだからね。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】アテナ(エンバー・ムーン)が日本での活動を希望。「ずっとSTARDOMに参戦したかった。ジュリア、KAIRI、岩谷麻優と戦いたい」
海外団体から日本のプロレス界へ参戦するケースが増えてきた昨今。 エディ・キングストンやウィロー・ナイチンゲール、メルセデス・モネ(サーシャ・バンクス)のように念願の新日本プロレスを...
【AEW】マラカイ・ブラック(アリスター・ブラック)がNXT時代に仲間達から嫌われていたことを明かす。「悪かった。でも、業界のあり方のせいだったんだ」
プロレス界は熾烈な競争が繰り広げられる過酷な世界。 スターの座を競い合うレスラーたちの人間関係は複雑で、そこで仲間たちとの間に友情を育むことのできる人もいれば、本人にはどうしようも...
タイトルとURLをコピーしました