スポンサーリンク

【AEW】ダンハウゼンがHOOKとのタッグ「HOOKHausen」復活の可能性にコメント。「タイトルも狙えるけど、FTRと戦うのは疲れるから嫌」

インタビュー

AEWには優れたタッグチームが複数存在し、AEW世界タッグ王座のタイトルをめぐって激しい戦いを繰り広げています。そんな中でも異質のチームとして高い人気を誇るのが、ダンハウゼンとHOOKによるHOOKHausenです。

悪魔キャラのダンハウゼンと若きスターHOOKのコンビが一緒に試合をしたのは1度だけ。2022年のDouble or Nothingでのトニー・ニース & マーク・スターリング戦でした。奇妙な友情を育てていった2人がヒールチームと戦う姿は多くのファンから愛されましたが、この試合の後、2人はタッグを組んでいません。

ダンハウゼンは怪我のリハビリ中。HOOKはジャック・ペリーとの抗争の真っ最中です。このタイミングで復帰するとなれば、ダンハウゼンがHOOKをサポートする形での再会になりそうですが…。最新のインタビューの中で、ダンハウゼンはタッグ復活の可能性について、次のように語りました。

みんな、タッグの復活をずっと望んでいるよね。我々は無敗だ。HOOKはFTW王座を失ったばかりで、ジャック…ジャック・ペリー?相手のリングネームはともかく、我々でタッグタイトルを取ることができるかもしれない。

でも、タイトルを持っているFTRと戦うのは、吾輩は嫌だ。正直な話だよ。いい友達だし、プロレスも上手だ。(名勝負となったCollisionでのBullet Club Gold VS FTRのように)1時間もプロレスをしたくない。疲れると思う。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】AAAコナンがメキシコでのドン・キャリス襲撃事件を語る。事件はなぜ起きたのか、襲撃犯はその後どうなったのか…
メキシコの団体AAAのビッグイベントTriplemaniaに参戦し、エル・イホ・デル・ビキンゴとシングルマッチで対戦したケニー・オメガ。彼は試合後に抗争中のドン・キャリス&竹下幸之...
【新日本プロレス】マイキー・ニコルスが「新日本とWWEのニュースター育成方法の違い」を語る。「新日本は一気に全力を出す」
プロレス界は常に新しいスターの誕生を待ち望んでおり、様々な団体がスターの育成に全力を注いでいます。その方針は団体によってさまざま。団体の特徴がそこに現れます。 新日本プロレスのG1...
タイトルとURLをコピーしました