スポンサーリンク

【AEW】クリス・ヒーローがAEWでプロデューサーとして働くことを語る。「インディ団体のブッカーと兼務。Collisionは人手不足だ」

インタビュー

先日、AEWはクリス・ヒーロー(カシアス・オーノ)とプロデューサー契約を結びました。インディシーンやWWE・NXTで活躍してきた彼の経験や知識は、かつての仲間たちが多く在籍するAEWでも活きてくることでしょう。

2020年にWWEから解雇されたあと、彼はしばらくの間プロレスラーとしての活動を休止しています。最近はインディ団体West Coast Proでブッカーとして働いており、AEWとの契約後も両団体のバックステージでの仕事を兼務することになります。

最新のインタビューの中で、彼はAEWでプロデューサーとして働くことや、West Coast Proでの仕事を大切に思っていることについて語りました。

West Coast Proについて:俺は妥協したくなかった。West Coast Proでの仕事に時間と労力を費やしてきた。向こう側も、俺に時間をくれて、いろいろと遊んだり、あらゆることに取り込ませてくれた。

俺が一番やりたかったのは、3〜4ヶ月West Coast Proでの仕事に没頭して、「じゃ、またな」と別れること。彼らは俺のことを理解してくれているし、何か非常事態でもない限り、West Coast Proのショーを欠場するつもりはないよ。

AEWについて:Collisionは新番組だから人手が足りないんだよ。たぶん、俺はその穴を埋めるために呼ばれたんだろうな。専属とは言わないけど…。

いろんなことを少しずつやってきたよ。PPV、Rampage、Dynamiteでも働いた。もしかしたら、Collisionを欠席してDynamiteで埋め合わせをする週もあるかもしれない。9月の予定は、Dynamite、Collision、Dynamite、Collisionって感じになってるよ。ルールはない。常に変化してるんだ。

多忙な日々ですが、充実しているようですね。AEWのトニー・カーン社長は、いつかヒーローを現役復帰させたいと考えているようですが、実現するかは分かりません。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】ブライアン・ダニエルソンがBlackpool Combat Clubの絆を語る。「決して解散することはないだろう」
プロレス界では、多くのユニットが生まれては消えていきます。どんなに人気が高く、メンバーが友情で結ばれているとしても、解散市内ユニットは稀です。 AEWの人気ユニットBlackpoo...
【AEW】クリス・ジェリコがニック・ゲイジとのデスマッチを振り返る。「脳震盪が怖くて寝れなかった」
2019年のAEW設立後、初期メンバーのレジェンドレスラー、クリス・ジェリコはさまざまな役割を積極的にこなしてきました。2021年、彼はデスマッチレスラーのニック・ゲイジと対戦しま...
タイトルとURLをコピーしました