スポンサーリンク

【AEW】WWE副社長ロード・ドッグがハングマン・ペイジを語る。「プロレスではあいつが上。でも、俺の方が優れたスポーツエンターテイナー」

インタビュー

AEWのトップスターの一人として活躍中のハングマン・ペイジ。

新日本プロレスやROHで活動していた時から将来性の高さが評価されていましたが、AEWでThe Dark Orderとの友情やThe Elite(ケニー・オメガ、ヤング・バックス、コーディ・ローデス)への劣等感を語ったストーリーで人気が爆発。 AEW世界王座も獲得しました。

2023年8月、ケニー、バックス、そしてペイジはAEW都の再契約に合意。WWE移籍も視野に入れていた4人ですが、これからもAEWの中心的存在として活躍していくことになりました。

あり得たかもしれないWWE移籍。WWEの上層部で働く人たちの目に、彼の存在はどのように映っていたのでしょうか。

WWEで副社長を務めるロード・ドッグは、自身のPodcast番組の中で「自分のことを、ハングマン・ペイジよりも優れたスポーツエンターテイナーだと思うか」というファンからの質問に答えました。

ああ、そう思うよ。彼に会ったことはあるし、知らない相手じゃないけど、彼のことを深く理解してるわけじゃない。でも、俺の方が彼よりも優れたスポーツエンターテイナーだと言えるね。

プロレスについての話なら…俺たちが試合をしたら、彼の方がずっと上手だと思うよ。俺が全盛期の時に戦ったとしてもそうだ。まあ、お互いにぶっ壊れた首で金メダルを取りに行くのか、それとも小切手を現金化するのか、それはわからないな。

彼は賢く、優しい子だ。俺たちが会った時はリスペクトを示してくれたよ。彼については、すべてが正しいと感じた。でも、それ以上のことは知らない。彼のキャリアはまだまだ続く。引退までの時間はたっぷりあるよ。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】CMパンクの解雇によりバックステージの環境が改善され、暗い雰囲気が払拭されたと報じられる
団体によってロッカールームの雰囲気は異なります。AEWでは、副社長のヤング・バックスやケニー・オメガ、そしてクリス・ジェリコやジョン・モクスリー、ブライアン・ダニエルソンらがリーダ...
【AEW】CMパンクとThe Eliteの「問題解決ミーティング」はなぜ実現しなかった?ヤング・バックスの意志、そして届いた法的通知書…
All Inのバックステージでジャック・ペリーと喧嘩して解雇されたCMパンク。この時、彼は様々な理由でフラストレーションを溜めていました。 その要因の1つとなったのは、All In...
タイトルとURLをコピーしました