スポンサーリンク

【AEW】ケニー・オメガ&飯伏幸太の入場中にクリス・ジェリコの右腕がパイロ(花火)の犠牲になる。「焦げた!」

ニュース

Dynamite最新回で行われたセガのスポンサードマッチ「LIKE A DRAGON GAIDEN(龍が如く7外伝 名を消した男) STREET FIGHT」。

ケニー・オメガ&クリス・ジェリコ&飯伏幸太&ポール・ワイト(ビッグ・ショー)組と竹下幸之介&パワーハウス・ホブス&カイル・フレッチャー&ブライアン・ケイジ組がリングの内外で破天荒な戦いを繰り広げたこの試合では、飯伏がひどい目にあったり、ケイジがケニーを場外のテーブルへすごい勢いで投げたりと、見どころがたくさんありました。

出場者全員が大きなダメージを受ける中、クリス・ジェリコは思わぬ形で傷を負うことになりました。

自チームの入場一番手として会場に姿を現した彼は、続いて登場したゴールデン☆ラヴァーズ(ケニー&飯伏)の入場を花道の上で待ち構えていました。そこに2人がやってきて、3人でポーズを取り、パイロ(花火)が打ち上がり……。

この時、何発かのパイロが、花道の端にいたジェリコの右腕をかすめて打ち上がりました。下の動画で、右腕を気にするジェリコの姿を確認できます。

試合後、ファンから「ケニーが入場した時、一発の花火で腕が焦げてなかった?」と質問されたジェリコは、「焦げた!」と回答しました。スーツを着ていたので服が焦げる程度でしたが…パイロは危険です。

あわせて読みたい

飯伏幸太のAEW入団が正式発表される
2023年からAEWへ参戦していた飯伏幸太。 SNSでは「AEWと契約した」と発言していた彼ですが、AEWからの正式発表はありませんでした。Blood and Guts参戦、8万人...
【AEW】トップレスラー、ジョン・モクスリーへの評価…オレンジ・キャシディ「痛いから試合は嫌」ダニエル・ガルシア「世界一のレスラー」
2019年に旗揚げしたAEWの初期メンバーで、団体を牽引し続けてきたジョン・モクスリー。 AEWのみならず、新日本プロレスやGCWなど他団体にも積極的に参戦している彼の存在は非常に...
タイトルとURLをコピーしました