スポンサーリンク

【WWE】ジェイド・カーギルがAEW時代の経験の大きさを語る。「故郷を誇りに思っているよ」

インタビュー

Royal Rumbleでついにデビューした超大物女性選手、ジェイド・カーギル。

AEW時代にTBS王座の絶対的チャンピオンに君臨した彼女は、2023年9月のWWE移籍後、大物スターとして入団が大々的に取り上げられました。デビュー戦は遅くなりましたが、その才能とスター性を世界中のファンに改めてアピール。今後の活躍に期待がかかります。

最近のインタビューで、彼女はAEW時代について「ロッカールームのベテランたちが、WWEという大舞台への準備をしてくれた」と発言。これが「AEW時代を軽視しているのではないか」というファンの憶測を招いてしまったようです。

今日、彼女はX(旧Twitter)でAEW時代の経験に対する思いを改めて語り、AEW時代をとても大切に思っていることを明言しました。

これを言って終わりにするよ。私は、自分の出身地を誇りに思っている。もちろん、今の地位も誇らしい。フェイクの情報やレポーターの発言はどうかと思うな。私は仕事をこなし、口を閉ざし続けている。言ってないことから何かを読み取るのはやめてほしい。

あわせて読みたい

【WWE】CMパンクの負傷により、コーディ・ローデスがレッスルマニア40でセス・ロリンズと対戦するオプションが検討されていると報じられる
RAW最新回では、Royal Rumbleに勝利しレッスルマニア40でタイトルに挑戦する権利を獲得したコーディ・ローデスに対し、負傷中のWWE世界ヘビー級王座チャンピオン、セス・ロ...
【AEW】次週のDynamiteでトニー・カーン社長による「重大発表」!
トニー・カーン社長による重大発表は、プロレス界で大きな話題になるものばかりです。 ROH買収やイギリス大会All Inの開催など、彼は番組内でサプライズを演出する時に「重大発表の事...
タイトルとURLをコピーしました