スポンサーリンク

【ROH】マーティ・スカル、ジェフ・コブ、バンディード……人気者たちの去就はどうなる?

ニュース

ROH所属の人気レスラーたちに関するニュースをまとめて紹介。

マーティ・スカル

現地時間12月14日開催のPPV”Final Battle”を最後にROHを退団することが予想されているマーティ・スカル。プロレス界屈指の人気者が次に契約を結ぶのはどの団体になるのか。多くのプロレスファンがその行方に注目しています。

彼とROHの契約は11月末に切れました。今現在、彼はフリーエージェントであると考えられており、どの団体と交渉することもできます。当分はNWA世界ヘビー級王者ニック・オールディスとの対戦に向けて動くと予想されていますが、これが彼のNWA入団を意味するとは限りません。移籍先の大本命であるAEWのCodyも「永続的な動きとは思えない」とツイートしています。

マーティ自身はステータスについて何も語っていないため、今後彼がどうなるかはさっぱりわからない、という状態です。”Final Battle”明けのテレビ収録に参加したマーティは自身がリーダーを務めるユニット”Villain Enterprises”の一員としてメインイベントに出場し、勝利しています。どうやら、ユニットは解散せずROHで活動し続けるようです。

ジェフ・コブとバンディード

新日本プロレスへの参戦で日本のファンの地名度が高いコブとバンディードは年末にROHとの契約が切れることになっています。

2人に共通しているのは、日本での活動に力を入れたいと考えていること。ROHは新日本プロレスと提携を結んでいるため、北米と日本でプロレスをするには最適の環境であると考えられます。残留の可能性は十分にあるでしょう。

ただし、レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、バンディードの場合は事情が異なる模様。若き天才ルチャドールはどの団体にとっても欲しい逸材です。彼に近い存在がオブザーバーに語ったところによれば、かつてのルチャ・ブラザーズ(現AEW)のように、フリーエージェントになることで様々な団体にも出場可能な身分になる、という選択もありえるようです。

(Wrestling Observer, eWrestlingNews)

あわせて読みたい

【AEW】ヤング・バックスがTwitterアカウントを削除する
AEWの副社長、ヤング・バックスの2人(ニック&マット・ジャクソン)がTwitterアカウントを削除しました。 正確には、ニックはアカウントを削除、マットはツイートを全削除した、というのが正しいようです。削除に至った理由は不明...
【WWE】ダナ・ブルックが新たに複数年契約を結ぶ
SmackDown所属の女子レスラー、ダナ・ブルックがWWEと新たに複数年契約を結んだことが明らかになりました。 2013年にWWEに入団したブルックは2016年にメインロースター・デビューを果たしました。本人がインタビューで...
【NXT VS AEW】ついにNXTが18−49歳の視聴率でDynamiteを追い抜く。苦しいAEW
白熱するWWE・NXTとAEW・Dynamiteの争い「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。12月第3週、12度目の対決の結果はどうなったのでしょうか。 レスリング・オブザーバーによれば、12月18日放送分の視聴者数は次の通り。...
タイトルとURLをコピーしました