スポンサーリンク

【NXT VS AEW】ついにNXTが18−49歳の視聴率でDynamiteを追い抜く。苦しいAEW

データ

白熱するWWE・NXTとAEW・Dynamiteの争い「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。12月第3週、12度目の対決の結果はどうなったのでしょうか。

レスリング・オブザーバーによれば、12月18日放送分の視聴者数は次の通り。

  • NXT:795,000世帯(前週778,000。2%増)
  • Dynamite:683,000世帯(前週778,000。12%減)

先週はまさかの引き分けでしたが、今週はNXTが数字を伸ばして勝利。Dynamiteは再び60万台に数字が落ち込みました。これは番組開始以来2番目に低い結果です。

もう1つの重要な数字、18-49歳の視聴率を見てみましょう。

  • NXT:0.27(前週0.24。13%増加)
  • Dynamite:0.25(前週0.28。11%減)

NXTの勝利。こちらでもDynamiteは数字を大きく下げてしまいました。

NXTの0.27という数字はこれまでの放送の中でも平均的。しかし、重要なのは、初めてDynamiteに勝利した、ということです。これまで、Dynamiteは18−49歳の男女、特に男性の視聴率でNXTを凌駕してきました。しかし、今週の0.25は過去最低。12週間守り続けてきた「若者からの支持」で出し抜かれてしまったのです。ちなみに、50歳以上の数字は相変わらずNXTの圧勝です(NXT: 0.36, Dynamite: 0.27)。

来週の放送はありません。次回は2020年1月1日です。Dynamiteにとっては踏ん張りどころ。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

コルト・カバナがAEW・Dynamiteのダークマッチに登場!
現地時間12月14日開催のPPV"Final Battle"を最後にROHから離脱したコルト・カバナ。去就に注目が集まる中で姿を現したのは今日放送のAEW・Dynamiteの会場でした。 "AEW Dark"のゲスト・コメンテ...
【WWE】カイリ・セインが出場予定のライブ・イベントのメンバーから外される?
現地時間12月15日開催のPPV"TLC"で頭部を負傷したとされるカイリ・セイン。Twitterではサムズ・アップの絵文字をツイートしてファンに無事をアピールしましたが、復帰は長引く可能性があるようです。 彼女は12月26日に...
Codyがマーティ・スカルの去就についてコメント。「あちこちで様子を伺っているようだけど…」
AEWへの移籍が噂されているマーティ・スカル。現地時間12月14日のNWA"Into The Fire"でNWA世界ヘビー級王者のニック・オールディスの前に立ちはだかったThe Villainは今週、NWAのウィークリー番組"Powerrr...
タイトルとURLをコピーしました