スポンサーリンク

【WWE】アポロ・クルーズがヒールターンするかもしれない?

ニュース

ここ最近のWWEでは、これまでアンダーカードでの活躍が多かったレスラーに多くの時間が与えられています。特に、RAWのエグゼクティブ・プロデューサーを務めるポール・ヘイマンからの評価が高いレスラーたちにその傾向が見られるようです。

WrestlingNews.coによれば、バックステージの人々がビンス・マクマホンに「アポロ・クルーズをもっと使うべきだ」と説得しているそうです。3月までSmackDownで活動していたクルーズは、現地時間4月6日放送のRAWでアリスター・ブラックと27分にも及ぶ試合を行い、それ以降RAWの一員として活動しています。これまで以上にテレビ出演の機会が増えているのは間違いありません。

WNは、情報源から聞いた話として、彼にヒールターンの話があることも伝えています。怪我でPPV”Money In The Bank”への出場が取り消しになってしまったのもの、今後も彼の活躍は増えるかもしれません。

また、1月のPPV”Royal Rumble”で久々にWWEに復帰したMVPが何らかのユニットのマネージャーになるという計画もあるとか。これがクルーズのプッシュと関係しているのかどうかは不明ですが、WNは「これまでにあまり活用されていなかったレスラーが、MVPの指導のもとでトップスターになることができるということを示したいという考えであれば、理にかなっている」とコメントしています。

(WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【WWE】解雇されたケイン・ヴェラスケスとのそもそもの契約意図は何だったのか?
元UFC世界ヘビー級王者のケイン・ヴェラスケスがWWEと3年契約を結んだのは2019年10月のことです。月末に開催されたサウジアラビア大会"Crown Jewel"ではブロック・レスナーとのシングルマッチが組まれ、話題になりました。 ...
【新日本プロレス】タマ・トンガがコロナ時代の新日本を語る。「『誰も解雇されることはない』と安心させてくれた」
新型コロナウイルスのパンデミックは世界中のプロレス団体に大きな影響を及ぼしています。新日本プロレスは当分の大会をすべて中止し、スタッフたちに報酬を支払い続けています。 BULLET CLUBのタマ・トンガは、コロナ時代における...
タイトルとURLをコピーしました