スポンサーリンク

【WWE】解雇されたケイン・ヴェラスケスとのそもそもの契約意図は何だったのか?

ニュース

元UFC世界ヘビー級王者のケイン・ヴェラスケスがWWEと3年契約を結んだのは2019年10月のことです。月末に開催されたサウジアラビア大会”Crown Jewel”ではブロック・レスナーとのシングルマッチが組まれ、話題になりました。

しかし、先日、ヴェラスケスはWWEから解雇されてしまいました。レイ・ミステリオとタッグを組んで活動する計画はあったものの、結局脚光を浴びたのはレスナーとの試合だけに……。

レスリング・オブザーバーは、WWEがヴェラスケスとの契約を望んだ「そもそもの理由」は3つあったと報じています。

ブロック・レスナーとの抗争

ヴェラスケスとレスナーは、2人がUFCで活動していた時期に1度対戦したことがあります。2010年10月23日の”UFC 121″で、ヴェラスケスは当時のUFC世界ヘビー級王者だったレスナーに挑戦。1RでTKO勝ちし、王座獲得に成功しました。

WWEは、レスナーにこの時の復讐をさせたかったのだそうです。

サウジアラビア大会の盛り上げ

“Crown Jewel”には、ボクシングWBC世界ヘビー級王者のタイソン・フューリーも出場し、ブラウン・ストローマンとシングルマッチを行いました。

この大会を盛り上げるため、WWEには別競技のスター選手を参加させたいという意向があったそうです。

FOXとSmackDown

2019年10月はWWEにとって大きな変化があった時期でした。SmackDownの放送局がUSA NetworkからFOXへと移行したのです。

FOXは「スポーツ・スター」を探していました。知名度・実績ともに抜群のヴェラスケスの入団は、FOXにとって番組をプッシュする大きな理由の1つになり得たのです。

その他

WWE入団前のヴェラスケスはルチャ・スタイルのムーブを見せることがありました。WWEではこうしたムーブを使いませんでしたが、そこにはWWEの「レスナーにはUFCスタイルのヴェラスケスに勝ってもらいたい」という意向が働いていたそうです。また、ヴェラスケスは膝を痛めており、手術が必要だったことも影響しているとのこと。

 

WWEでの活躍はわずかでしたが、今後もプロレスラーとしての活動を続けるのであれば、どの団体と契約を結ぶのかに注目が集まります。WWE入団前の彼にはAEWと新日本プロレスが興味を示していましたが……。どうなるのでしょう?

(Wrestling Observer, Rajah.com)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】タマ・トンガがコロナ時代の新日本を語る。「『誰も解雇されることはない』と安心させてくれた」
新型コロナウイルスのパンデミックは世界中のプロレス団体に大きな影響を及ぼしています。新日本プロレスは当分の大会をすべて中止し、スタッフたちに報酬を支払い続けています。 BULLET CLUBのタマ・トンガは、コロナ時代における...
【WWE】姿を消しているAJスタイルズ、ローマン・レインズ、試合をしないケビン・オーエンズの今
様々な理由があって番組に出演していない3人の人気スーパースターについてのニュースです。 土の下からの生存報告後のAJスタイルズ レッスルマニア36でアンダーテイカーとボーンヤード・マッチを行い、埋葬されたAJスタイルズ。土の下か...
タイトルとURLをコピーしました