スポンサーリンク

ランス・アーチャーがAEWとの契約を語る。「正しい決断だった」

インタビュー

2020年2月27日、AEWは元IWGP USヘビー級王者ランス・アーチャーの入団を発表しました。2月1日まで新日本プロレスで活動していた彼は、なぜAEWとの契約を選んだのでしょうか?

talkSPORTのインタビューの中で、彼はこう語っています。

もちろん、新日本との関係もあったしね。8年半もいた団体からのオファーもあって、すぐに決められるものではなかった。

結局、AEWの人たちが俺を団体の一員にすることに最も熱心だったんだ。

成長している団体に加わり、より大きな存在になることを助ける機会というのは、挑戦をするにはあまりにも魅力的なことだった。

じっくりと考えたよ。時間はかかった。いくつかのタフな決断をしたけど、結局は正しかった。それこそが俺をAEWに導いたんだ。今、俺はここにいる。ケツを蹴っ飛ばす準備はできてる。

現地時間5月23日に開催されるPPV”Double or Nothing”で、アーチャーはTNT王座の初代チャンピオンを決定する重要な試合に挑みます。対戦相手はCody。元IWGP USヘビー級王者同士の戦いに注目です。

(talkSPORT)

あわせて読みたい

【WWE】AJスタイルズが語る「生き埋めにされた私はなぜ生還できたのか」
今週放送されたRAWの最新回でサプライズ「生還」を果たしたAJスタイルズ。4月のレッスルマニア36でアンダーテイカーに生き埋めにされたのに……。元気そうでしたね。 常識では考えられない「生き埋めから約1ヶ月後に...
ケニー・オメガ VS ジョン・モクスリー戦が原因で、AEWが州から罰金を科せられる
現地時間11月9日に開催されたAEWのPPV"Full Gear"。この日最も話題になったのは、ケニー・オメガとジョン・モクスリーによるデスマッチでした。 ケニーによる板がむき出しになったリングへのフェニックス・スプラッシュな...
タイトルとURLをコピーしました